スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

マリオRPGに戦闘ボイスを入れてみた(テイルズシリーズ)

マリオRPGに戦闘ボイスを入れてみた(修正版)‐ニコニコ動画(夏)
マリオRPGの戦闘アクションにテイルズシリーズの戦闘ボイスを挿入。マロが厨二病に目覚めたようです。
マリオ:関智一(スタン・エルロン)
マロ:折笠愛(ジーニアス・セイジ)
ジーノ:緑川光(リオン・マグナス)
ピーチ:柚木涼香(リアラ)
クッパ:若本規夫(バルバトス・ゲーティア)




スタン・エルロン

(Stan Aileron)
19歳・身長172cm・体重63kg
声:関智一
本作の主人公。ソーディアン・ディムロスのマスター。
フィッツガルドの山村リーネで祖父トーマス、妹リリスと暮らす羊飼いだったが、セインガルドの兵士として名を上げるために思い付きで村を飛び出す。密航したダリルシェイド行きの飛行竜がモンスターの襲撃に遭ったとき、ディムロスと出会う。祖父仕込みのものか、羊飼いであるにも拘らず剣の腕は中々のもの。ディムロスと出会ってからは戦いの中でさらに剣術に磨きを掛け、ディムロスの炎と自身の剣技を合わせた奥義を体得する。
性格は純粋な正直者で熱血漢。田舎育ち(それが多少コンプレックスになっている)のため世間・一般知識には疎いが常識はあり、年下の仲間や気心の知れた友人には砕けた態度で接するが、それ以外、特に年長者など目上の人間には口調が丁寧で礼儀正しい。金髪を伸ばし放題にしたボサボサの髪型だが、一応スタンなりのこだわりによるもの。どこでも眠ることができる一方非常に低血圧で寝起きが悪く、一度眠ると起こすのは至難の業。戦いの最中ですら眠らされるとなかなか起きない。ヒロインであるルーティとは恋愛関係というより相棒という感じで、よく軽口を叩き合う。
PS2版
全体的に単純さや脳天気さが増しており、皮肉や嫌味をほとんど言わない、また意に介さない(気付かないだけの時も)。また、田舎者扱いとそれに対するコンプレックスも無くなった。髪の毛も羊が寄ってくるという理由で伸ばしており、特にこだわりはない。拍車の掛かった単純さからPS版よりも頭が悪く見えるが、その単純さゆえに時に物事の核心を見抜くことがある。歌が下手という設定も追加されている。シナリオ上ではリオンとの友情が重視されている。
備考
特典DVDのチャットドラマでは食べ物に意地汚いキャラになっている事がある。
スタンの剣技は特にゲーム本編では語られなかったがドラマCDでは毎日羊飼いの仕事の合間に訓練していた事が語られている。


ジーニアス・セイジ

(Genius Sage)

テセアラ出身
12歳・体重141cm・体重29kg
声:折笠愛
イセリアに住むハーフエルフの少年。ロイド、コレットとは親友。村の子供の中で一番の頭脳の持ち主で、名門学校から招待を受ける程。パーティではリフィルに次いで学力に長け、物理学の衝撃の計算を暗算であっさり行える。一方で、人間牧場に捕らえられている老婆に給食のパンを差し入れる優しさもあり、精神面や社会的な考え方は年相応に幼い。洗濯、掃除、料理と家事は何でもこなし、料理の腕はパーティキャラクター中一番。好きな食べ物はミルクで、好きな料理はグラタン。ニンジンが嫌いで、追加食材にも使わない。また、運動は苦手で、走り回っているとよく転ぶ。仲間とは打ち解けて話すものの、幼い頃から迫害され続けたため他人の目に敏感で、慎重に距離を置く引っ込み思案な面もある。
生まれはテセアラのヘイムダールで、母バージニアがハーフエルフ迫害から逃れさせようとシルヴァラントに送った。だが、シルヴァラントでも迫害を受けたため、普段はエルフとして暮らしている。辛い過去から、他人にはあまり懐かないが、一度心を許した相手には親しみを込めた態度で接する。また耳は丸耳で、エルフ(尖耳)との違いを隠すために髪を伸ばしている。ジーニアスにとって初めての同種族かつ同年代の友達であるミトスとは、親がおらず姉に育てられた境遇もよく似ており、2人の絆は強い。
テセアラで出会ったプレセアに一目惚れし、12歳という年齢なりに不器用かつ積極的にアプローチを試みるものの、プレセアが感情を取り戻す前も取り戻した後も、あまり報われることは無かった。
攻撃系の魔術を得意とする魔術士で、多様な属性の攻撃魔術を修得する。武器として剣玉を装備しているが、打撃よりも呪文詠唱のリズムを取るための道具として使う。呪文詠唱中に石化すると、剣玉の玉の部分だけが動き回る。右手の甲に着けるエクスフィアは、慕っていた老婆マーブルの形見。
名前は、英語で「天才」を意味するGenius に由来する。また姓のsageは「賢者」を意味する。
TORにて、彼のグラフィックが幼少時のヴェイグとして使用されている(ジーニアス自身とは異なり、吊り目)。


リオン・マグナス

(Lion Magnus)
16歳・身長159cm・体重48kg
声:緑川光
ソーディアン・シャルティエのマスター。
セインガルド王国の客員剣士で、オベロン社総帥ヒューゴの側近。16歳にしてセインガルド王国随一の剣の使い手であり、スタン、ルーティ、マリーの3人をたった1人で切り伏せてしまうほどの実力者。将来の七将軍の1人と目されている。本名は"エミリオ・カトレット(ジルクリスト)" (ヒューゴに対しての反発からか、ジルクリスト姓ではなくカトレット姓を名乗っている)。ヒューゴとは血を分けた実の親子であり、ルーティの弟にあたる。"リオン・マグナス"は公に対して親子関係を隠すためにヒューゴが与えた偽名。ミクトランの影響を受けていたヒューゴとは幼い頃から親子ではなく上司と部下として接し、姉のルーティは彼が産まれる前にクレスタに捨てられていた。さらに母親のクリス・カトレットはリオンを産んだ直後に亡くなったため、家族の愛情を受けずに育っている。
その生い立ちからか、基本的には冷徹且つ複雑な性格で、他者に対し心を閉ざしている。しかし唯一人、母親の面影を持つメイドのマリアンにだけは心を開き、命を懸けて愛していた。それを知るヒューゴにマリアンの命を掌握されていたため、リオンはヒューゴの駒として動き続け、最後にはスタン達と敵対する道を選び敗北、直後濁流に飲まれ死を遂げる。
PS2版
性格や設定、演出などがPS版と大きく変わっており、PS版からのファンからは否定的な意見が出ることもある。
冷酷な面が鳴りを潜め、捻くれた皮肉屋というよりは不器用な少年になった。また、ヒューゴとの親子関係は最初から明らかとなっており、リオン・マグナスの偽名も、客員剣士になった頃に自身で名乗り始めた設定になった。シナリオ上の変更もあり、マリアンが人質に取られるのが第2部冒頭となったため、第1部ではヒューゴの駒として動かされている自覚が無い。
スタンの項で触れた通り、シナリオ上ではスタンとの友情が重視されており、死に際もスタンとの友情が強調されたものとなっている。そのため、自身が駒として動いている自覚が無いことと合わせて、マリアンに執着しているという印象は薄まった感がある。また、装備武器がシャルティエと短剣の二刀流になった。
DC版ではリオンの視点で本編を進める「リオンサイド」があり、PS版、通常のPS2版では描かれなかったリオンの心情が描かれている。
備考
ドラマCDではセインガルド王国の近衛団長を務めている。
啄木鳥しんき版ではシャルティエの説得により生き延びる道を選び、崩壊する海底洞窟から脱出する。洞窟に残っていた飛行竜を用いてスタンたちとは別にダイクロフトへ上がった。その後、ベルセリオスに乗っ取られたマリアンを解放させ、スタン達を窮地から救うこととなる。また、外伝エピソードでは、幼少時にクレスタ付近でルーティと一度会っていた。
発売から時間が経過した2008年現在でも、ユーザーからの人気が非常に高い。複数回行われているテイルズ歴代キャラの人気投票では、一人一票制の投票システムでジューダスとは別キャラ扱いになっているため相当のハンデを背負っているのだが、結果は1位2回、2位1回(詳しくは公式サイトを参照)。まさにテイルズオブシリーズNo.1人気キャラといえる。リオンは前髪をかき上げるクセがあり、会話の最中にもしていることが多い。


バルバトス・ゲーティア
声:若本規夫
天地戦争時代に猛者との戦いを求めて地上軍を裏切り、ディムロスに誅殺された人物。元々はTOD2に登場する敵キャラクターで、本編クリア後の隠しダンジョン「アルカナルイン」最下層のボスとして登場する。また、プレイヤーのズル(ワールドマップで方向キーなどを固定して行う、いわゆる自動レベルアップ)を妨害するべく、突如として現れることもある。TOD2で登場した際とは違い、本作ではディムロスへの恨みからこの世に留まる「亡霊」という設定。
他のボスを遥かに凌ぐ桁外れに高い戦闘能力を誇る。TOD2のようなインパクトのあるカウンターも健在であり、アイテムの使用に反応してBCで反撃してきたり、戦闘難易度を最低のSIMPLEにして挑むと戦闘開始直後に即死レベルの強力な技を使用してくる。道具の使用も、楽な道を選ぶことも許さない、戦いに対する異常なまでの情熱と潔癖さ、独自の美学を持っていることが伺い知れる。自動レベルアップの妨害のために現れた際は倒すことが出来ず(HP が0にならない)、全滅を免れるには逃げるしかない。

【wikiより】
スポンサーサイト
2008年09月16日 | ゲーム@趣味 | コメント(1) | ゲーム
コメント
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
@音三昧 URL 2008年09月17日 15:26:43 編集

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。