スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

FF6「戦闘」×ズンドコ節(氷川きよし)

FF6「戦闘」×ズンドコ節‐ニコニコ動画(夏)YouTube - iPod CM(ズンドコ節)きよしとIKZOのズンドコ節‐ニコニコ動画(夏)
氷川きよしのズンドコ節とファイナルファンタジー6の「戦闘」をマッシュアップ。これがまたいい味を出すんです。
他にも「ipodズンドコ節」と「きよしとIKZOのズンドコ節」をピックアップ。
ipodは無駄に音ハメされてて出来のよい作品でした。

FF6「戦闘」×ズンドコ節(氷川きよし)



iPod CM(ズンドコ節)


きよしとIKZOのズンドコ節



『ズンドコ節』(ずんどこぶし)は、日本の歌謡曲の楽曲の一つである。ヅンドコ節と表記されることもある。


ルーツは「海軍小唄」

元々、『ズンドコ節』は『海軍小唄』(かいぐんこうた)と呼ばれていた。軍歌の一つと言われる事もあるが、実際の所は、戦地に赴く男たちの本音を歌った流行歌のような物である。作詞者及び作曲者は不詳である。1945年頃に流行った曲である。

作詞・作曲者が不詳であり権利上の問題が発生しないため、多くの歌手によってリメイク版が製作されている。


「ズンドコ節」の誕生はバタヤン

戦後まもなく田端義夫により『ズンドコ節(街の伊達男)』として流行した。その時に『ズンドコ節』の名前が付いた。田端のエレキギターによるリードギターと伴奏のアコースティックギターの二本の演奏によって歌われている。演奏は当時流行していたブギのリズムに乗った軽快かつブルーステイストに溢れたもので、それ以前の流行歌におけるギター演奏にはないポップな感覚があり、日本ポップス史の観点から見て特筆すべきものである。田端は四国への巡業のため大阪の天保山から乗り込んだ連絡船の中で、闇屋が歌う歌に感銘を受け、それをブギにアレンジして昭和22年(1947年)に吹き込んだ。歌詞の内容は『海軍小唄』を当時の伊達男の恋に置き換えている。

* 作詞:佐々木英之助
* 作曲:能代八郎
* 編曲:田端義夫


きよしのズンドコ節

2002年に氷川きよしがカバーした。歌い出しは、小林旭のものに似ている。曲のテーマは同じく「若い男女の恋物語」である。この年以降、全国の盆踊り大会で使われている。

* 作詞:松井由利夫
* 作曲:水森英夫
* 編曲:小野寺忠和

埼玉西武ライオンズの細川亨が「きよしのズンドコ節」を登場テーマ曲として使用している。


< 氷川 きよし >
氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年9月6日 - )は、福岡県福岡市南区出身の演歌歌手である。本名:山田 清志(やまだ きよし)。福岡市立高宮中学校を経て、最終学歴は福岡第一商業高等学校卒業。血液型はA型。レコード会社はコロムビアミュージックエンタテインメント、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。J-POPの楽曲を発売する際は芸名KIYOSHIを使用する。


人物像

* 2000年2月に「箱根八里の半次郎」でデビュー。歌手以外にも、タレント活動や歌謡劇なども行っている。
* 常に、自分を応援するファンに対する感謝の心を忘れず、コンサートグッズにも「感謝」の文字。
* 容姿はアイドルタレントとも見まごうものの、その礼儀正しさ、抜群の歌唱力。まさに「演歌界の貴公子」。
* 老若男女に知られており、特に、演歌をあまり聞かないとされる20歳代にもファンが多い。
* ファンを大切にするその人柄から、熱狂的な中高年女性ファンが多い。
* 股旅物など、時代劇の定番の曲を、和服ではなく洋服で歌っていることが多い。
* 春日八郎などの往年の高音の演歌をアルバムの中に取り入れている。
* 演歌歌手ではあるが、往年の「ズンドコ節」のアレンジなど、いわゆるムード歌謡的な曲も多く唄うのが特徴。また、歌番組ではポップス曲も数多く披露している。(きよしとこの夜など)
* プライベートでは両親や祖父・祖母を大切に想い、仕事でもチャリティーに積極的に参加している。
* デビュー以来茶髪とピアスをしていたが、ある時期より大人の歌手を目指し黒髪に戻した。
* 歌を歌う時の踊りはファンが覚えやすいよう、複雑な動きを取り入れず比較的簡単な振り付けとなってい


ディスコグラフィ

シングル曲

* 箱根八里の半次郎(2000年2月2日)
* 大井追っかけ音次郎(2001年2月21日)
* きよしこの夜(2001年11月21日)河村隆一プロデュース。「KIYOSHI」名義
* きよしのズンドコ節(2002年2月6日)
* 星空の秋子(2002年8月21日)
* 白雲の城(2003年2月19日)
* きよしのドドンパ(2004年1月21日)
* evergreen(いのちの唄声)/CROSS CLOVER(KIYOSHI・FANATIC◇CRISIS・ビリケン)- 日本赤十字社イメージソング
* ラブリィ(2003年10月1日)中村玉緒とのデュエット。「TAMAO&KIYOSHI」としてリリース
o この曲で、ミュージックステーションに演歌歌手では、堀内孝雄以来約10年ぶりの出演となった(ちなみに、同番組の1998年のスーパーライブに中澤裕子が「カラスの女房」をモーニング娘。のメドレーの一環で僅か披露している)。
* 番場の忠太郎(2004年7月7日)
* 初恋列車(2005年2月9日)オリコンウイークリーチャートで初の第1位を獲得
* 面影の都(2005年7月6日)
* 一剣(2006年3月15日)
* あばよ(2007年5月9日)
* きよしのソーラン節(2007年5月9日)
o 初の2枚同時リリース。
* 玄海船歌(2008年2月13日)

アルバム

* 股旅演歌名曲選 氷川きよし/箱根八里の半次郎~風雲編~(2000年6月21日)
* 股旅演歌名曲選II/箱根八里の半次郎(2000年10月21日)
* 氷川きよし・演歌名曲コレクション 大井追っかけ音次郎~青春編~(2001年6月21日)
* 氷川きよし直伝オリジナルカラオケ(2001年11月21日)
* 大井追っかけ音次郎(2001年11月21日)
* 氷川きよし・演歌名曲コレクション2~きよしのズンドコ節~(2002年5月22日)
* 銀河~星空の秋子(2002年11月20日)
* 氷川きよし 演歌名曲コレクション3~白雲の城~(2003年5月21日)
* 男気(2003年11月19日)
* 氷川きよし 演歌名曲コレクション4 番場の忠太郎(2004年9月1日)
* 氷川きよし 演歌名曲コレクション5 初恋列車(2005年5月18日)
* 氷川きよし 演歌十二番勝負!~面影の都~(2005年11月23日)
* 演歌名曲コレクション6~一剣~(2006年6月28日)(初回版には新たに映像を加えた「一剣」のプロモーションビデオを収録)
* 演歌名曲コレクション7~あばよ・きよしのソーラン節~(2007年9月19日)

DVD

* 氷川きよし・チャレンジステージ in 中野サンプラザ(2001年10月20日)
* 氷川きよし ファーストコンサートin東京国際フォーラム(2002年3月20日)
* 氷川きよし オリジナルベスト(2002年5月22日)
* 氷川きよしスペシャルコンサート2002 きよしこの夜Vol.2(2003年2月19日)
* 氷川きよし オリジナルベスト2003(2003年7月1日)
* きよしのドドンパ(2004年2月18日)
* 氷川きよしスペシャルコンサート2003 きよしこの夜 VOL.3(2004年3月17日)
* 番場の忠太郎(2004年8月25日)
* 氷川きよし スペシャルコンサート“きよしこの夜 Vol.4”(2005年3月23日)
* 初恋列車(2005年3月23日)
* 面影の都(2005年8月3日)
* 氷川きよし スペシャルコンサート2005 きよしこの夜 Vol.5 ~演歌十二番勝負!~(2006年4月19日)
* 一剣(2006年4月19日)
* 未来(2006年9月6日)(KIYOSHI」名義)

その他

* 浅草人情
* あの娘は行っちゃった
* 月太郎笠
* 近江の鯉太郎
* 花の渡り鳥
* 北荒野
* 純子の港町
* あのままあの娘とあれっきり
* 霧笛の波止場
* 玄海竜虎伝
* 送恋譜
* でんでん虫
* 口笛の港
* 故郷はわが胸に
* SAY YES(ポップスの曲で一番得意として、NHK教育のトップランナー出演時に歌った。)


受賞歴

2000年:歌唱曲『箱根八里の半次郎』

* 日本レコード大賞・最優秀新人賞
* 日本有線大賞・最優秀新人賞
* 全日本有線放送大賞・最優秀新人賞
* ゴールデン・アロー賞・音楽新人賞/最優秀新人賞
* 日本作詩大賞・大賞(実際は作詞した松井由利夫が受賞したが、デビュー曲が受賞したのは史上初めてのことだった。)

2001年:歌唱曲『大井追っかけ音次郎』

* 日本レコード大賞・金賞
* 日本有線大賞・有線音楽優秀賞
* オールジャパンリクエストアワード(旧全日本有線放送大賞)・ゴールデンアーティスト賞

2002年:歌唱曲『きよしのズンドコ節』・『星空の秋子』

* オールジャパンリクエストアワード・グランプリ(演歌・歌謡曲部門)
* 日本レコード大賞・金賞
* 日本有線大賞・有線音楽優秀賞

2003年:歌唱曲『白雲の城』

* 日本有線大賞
* ベストヒット歌謡祭(旧全日本有線放送大賞)・グランプリ連覇(演歌・歌謡曲部門)
* 日本レコード大賞・最優秀歌唱賞
* ゴールデン・アロー賞・音楽賞/大賞
* 東西有線大賞独占V1達成

2004年:歌唱曲『きよしのドドンパ』・『番場の忠太郎』

* 日本有線大賞連覇
* ベストヒット歌謡祭・グランプリ3連覇(演歌・歌謡曲部門)
* 日本レコード大賞・金賞
* 東西有線大賞独占V2達成

2005年:歌唱曲『初恋列車』・『面影の都』

* ベストヒット歌謡祭・グランプリ4連覇(演歌・歌謡曲部門、4連覇達成は浜崎あゆみに次いで史上2人目)
* 日本有線大賞 3連覇(この受賞でテレサ・テンに次いで2人目、男性歌手としては初めての東西有線大賞3連覇達成。)
* 日本レコード大賞・金賞

2006年:歌唱曲『一剣』

* 日本レコード大賞


【wikiより】
スポンサーサイト
2008年09月11日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ファイナルファンタジー
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。