スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

[TAS] ゴールデンアイ 007を29分58秒27でクリア

[TAS] ゴールデンアイ 007を29分58秒27でクリア‐ニコニコ動画(夏)
ゴールデンアイ 007のTAS動画
プレイヤー:Rising Tempest
1.リアルタイムの上のゲーム時間の中の目的
2.難しいハードモードでプレイ
3.バグを利用
4.運操作の利用
5.ダメージを受け時間節約





ゴールデンアイ 007 ミッションモード
1人でプレイする場合のプレイモード。プレイヤーは主人公ジェームズ・ボンドを操り、ミッションごとに与えられた任務を遂行していく。2つのコントローラーを使用する操作設定に変更することで2人でプレイすることもできる。

すべてのミッションには、簡単な方から順に「イージー」、「ノーマル」、「ハード」という3つの難易度が設けられており、それによって任務の内容や、ボンドの体力、敵の強さ・体力・命中率、敵の落とした銃から得られる弾の数などが変化する。ミッションをクリアした場合、それぞれの難易度についてクリアしたことを示すマークが表示される。なお、すべてのミッションをすべての難易度でクリアすると、敵の体力、強さ、命中力をプレイヤーが設定できる「007」が新たな難易度として出現する。

レベルデザインやギミックの配置がよく練られているため、ロムカセットの容量と比較して、マップはかなり広く感じられる。

また敵キャラクターのAI(厳密にはAIではない。NPCと同義で使用されている)は、状況に応じて警報装置を起動させたりと行動の幅が広い。


登場人物

MI-6

* ジェームズ・ボンド(007)

諜報機関MI-6のスパイ。ゴールデンアイの調査をすべく、単身敵地に乗り込む。

* アレック・トレヴェルヤン(006)

ボンドと同じく、MI-6のスパイ。化学兵器工場でウルモフの凶弾に倒れたとされていたが、後にヤヌスの一員として敵対することになる。

* M

ボンドの上司。指令をボンドに送る他、アドバイスもする。

* Q

MI-6の技術者。ボンドに武器や小道具を提供する。

* マネーペニー

Mの秘書。ボンドに片思いしている。ナターリアに嫉妬する。

* ドーク博士

科学者に扮した味方。暗号解読器をボンドに託し手助けをする。ゲーム版のオリジナルキャラクター。
犯罪組織ヤヌス

* アーカーディー・ウルモフ

ロシア軍の大佐。後に将軍にまで出世するが裏では国を裏切っており、ヤヌスに加担している。

* ゼニア・オナトップ

犯罪組織ヤヌスの副官。
ロシア

* ナターリア ・シミョノヴァ

ロシアのプログラマー。後にボンドと共に行動し、ゴールデンアイのシステムを停止させる。

* ボリス・グリシェンコ

ナターリアの同僚のプログラマー。アレックに協力してゴールデンアイを起動させる。

* デミトリ・ミシュキン

防衛大臣であり共産党党員。ボンドやナターリアをヤヌスの一員と考えている。党員の中では話の分かる方らしい。

* ヴァレンティン・ズゴフスキー

元KGBのエージェント。ボンドとは過去に片膝を撃ち抜かれている因縁の仲だが、組織の利害関係から苦々しく思いながらも行く先々でボンドの手助けをする。
その他

* ジョーズ

『007 私を愛したスパイ』『007 ムーンレイカー』に登場した殺し屋。アステカ遺跡に登場し、ボンドを苦しめる。非常にタフで、ゲーム中1番の耐久力を誇る。マルチプレイで使用できる。

* バロン・サミディ

『007 死ぬのは奴らだ』に登場した不死身の男。ブードゥー教の使者を名乗り、エジプトで対峙することになる。倒しても笑い声と共に消滅・復活を繰り返し、規定数倒してステージをクリアした後のデモでもその姿を現し、神殿に高らかに笑い声を響かせる。マルチプレイでも使用できる。

* オッドジョップ

『007 ゴールドフィンガー』に登場した小柄な殺し屋。ゲーム中では使えないが、帽子に鉄の刃を仕込んでいる。マルチプレイでのみ使用できる。

* メイデー

『007 美しき獲物たち』に登場した女。とてつもない怪力の持ち主。マルチプレイでのみ使用できる。

【wikiより】
スポンサーサイト
2008年09月09日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ゲーム
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。