スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

FF8 ジャンクションなし+無敵なし アルティミシアに挑む

FF8 ジャンクションなし+無敵なしクリアー ラスボス戦 1/2‐ニコニコ動画(夏)FF8 ジャンクションなし+無敵なしクリアー ラスボス戦 2/2‐ニコニコ動画(夏)
ファイナルファンタジー8のラスボス・アルティミシアにジャンクションと無敵を封印して挑みます。

うp主引用:
Lv100のメンバー(キスティス・リノア)が戦闘メンバーにいる状態でグリーヴァを登場させると奴のレベルが上がり「ショックウェーブ・パルサー」に耐えられなくなるため、低レベルメンバーだけの状態でグリーヴァ戦に持ち込み、その途中でキスティスを登場させシェル&HP満タン状態でショックを乗り越えています。
特殊技を出すためにHPを低くしていると相手の魔法攻撃で戦闘不能状態になる危険性が非常に高くなるので、一度発動させれば以降自動的に攻撃してくれるリノアの「ヴァリー」を使っています(魔法はバハムートの初期アビリティ「禁断魔法生成」で作れます)。キスティスは補助・回復に専念します。

FF8 ジャンクションなし+無敵なしクリアー ラスボス戦 1/2


FF8 ジャンクションなし+無敵なしクリアー ラスボス戦 2/2



アルティミシア(第一形態)

「クエイク」は通常の計算の2倍の攻撃力を持つ。
・HPが減少すると「クエイク」「トルネド」「ホーリー」「メルトン」等を使用する確率が上がる。
・この戦闘では戦闘開始時にメンバーがランダムに選ばれる。
また戦闘不能キャラが居る状態で約2ターンが経過すると
戦闘不能キャラのいずれかが消滅し、まだ登場していないキャラが出てくる。
出現順番はレベルの低い順、レベルが同じ場合は経験値が少ない順、
そしてそれも同じ場合はスコール、ゼル、アーヴァイン、キスティス、リノア、セルフィの順に優先される。
アルティミシア戦に戦闘不能状態で参加した場合、初期メンバーに選ばれるとHP1で復活、
初期メンバーに選ばれなかった場合はそのキャラは存在しないものとして扱われる。


グリーヴァ
・最初は「通常の行動*3→準備→ショックウェーブ・パルサー」の順で行動し
以降は「通常の行動*5→準備→ショックウェーブ・パルサー」を繰り返す。
・最初の「ショックウェーブ・パルサー」を使用する前にHPを0にすると死に際に同攻撃を使用する。
・この対象に連続剣を使用すると回数が5回に固定される。

(Lv40時とLv65時のHPはリジェネを使って計ったのでプラスマイナス20の誤差がある場合がある)


アルティミシア(第二形態)
「ホーリー」は通常の計算の3倍の攻撃力を持つ。
「クエイク」「トルネド」は通常の計算の2.5倍の攻撃力を持つ。
「アルテマ」は通常の計算の2倍弱の攻撃力を持つ。

ヘリックス召喚:ヘリックスを1体召喚する。原則として足りない順に右→左と召喚されるが、
初め2回の召喚はヘリックスの存在状況に関わらず右→左と召喚される。
グレート・アトラクター準備:この行動はヘリックスが二体そろっていないと使用しない。
そのターンはかわりにヘリックス召喚を1回行い、次のターンでまた同じ判定を行なう。
グレート・アトラクター:防御力無視全体物理攻撃。この行動もヘリックスが二体そろっていないと使用しない。
ヘリックスが足りないときの行動は準備の時のそれと同一。

・アルティミシア第二形態はHPが約30%になると下半身が分離し、発狂モードに入る。
・最初は「攻撃→ヘリックス召喚→攻撃→ヘリックス召喚」の順に行動を行ない、
その後は「攻撃→グレート・アトラクター準備→グレートアトラクター」の順に行動をする。
また、攻撃の中では「ホーリー」を使用する可能性が高い。
・発狂後は素早さが上がり、打撃に加え「クエイク」「トルネド」「アルテマ」を主体として攻撃してくる。
発狂モード時は魔法攻撃を行なうと次のターン行動をスキップする。
また発狂モードの最初の行動後、ヘリックスが消滅する。
・この対象に連続剣を使用すると回数が8回に固定される。


ヘリックス
・打撃攻撃を受けると1/2程度の確率で反撃を使用する。
魔法攻撃や特殊技は反撃を受けないが、何故かヴァリー魔法は反撃を受ける。


アルティミシア(第三形態)
「ホーリー」「アポカリプス」は通常の計算の2倍の攻撃力を持つ。
「アルテマ」は通常の計算の1倍強の攻撃力を持つ。
「フレア」「メテオ」は通常の計算の1倍弱の攻撃力を持つ。

・最初は「ヘル・ジャッジメント*2→攻撃*3」を二回繰り返し以降は「ヘル・ジャッジメント→攻撃*2」を繰り返す。
・HPが約30%になると「ヘル・ジャッジメント」を使用しドローポイントを出現させる。
その後は「ドロー アポカリプス→アポカリプス→ヘル・ジャッジメント」を繰り返す。
・ドローポイントが破壊されると以降は「メテオ」「アルテマ」を行動パターンに含めランダムで攻撃してくる。
また、「メテオ」「アルテマ」はHPが減るほど使用確率が高くなる
・この対象に連続剣を使用すると回数が7回に固定される。
・HPが0になると台詞を喋りHP100の対象として復活する。この状態で5回HPを0にすると倒したことになる。
喋る台詞は順番に次の通り。

「思い出したことがあるかい
子供の頃を」

「その感触
そのときの言葉
そのときの気持ち」

「大人になっていくにつれ
何かを残して 何かを捨てていくのだろう」

「時間は待ってはくれない
にぎりしめても
ひらいたと同時に離れていく」

「そして・・・」

FF8ラスボスデーターより】
スポンサーサイト
2008年09月07日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ファイナルファンタジー
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。