スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

スーパーマリオでザ・コンビニ

スーパーマリオでザ・コンビニ part1‐ニコニコ動画(夏)スーパーマリオでザ・コンビニ part11‐ニコニコ動画(夏)
マリオがコンビニを始めました。ワリオ商店と激しいシェア争いを繰り広げます。うp主の目標は(一応)15店舗五つ星達成です。
ザ・コンビニ アナザーワールドのグラフィックをマリオキャラに変えてます。

スーパーマリオでザ・コンビニ part1


スーパーマリオでザ・コンビニ part2


スーパーマリオでザ・コンビニ part3


スーパーマリオでザ・コンビニ part4


スーパーマリオでザ・コンビニ part5


スーパーマリオでザ・コンビニ part6


スーパーマリオでザ・コンビニ part7


スーパーマリオでザ・コンビニ part8


スーパーマリオでザ・コンビニ part9


スーパーマリオでザ・コンビニ part10


スーパーマリオでザ・コンビニ part11


ザ・コンビニは、コンビニエンスストアの経営シミュレーションゲームである。原作はマスターピース制作のパソコンゲームだが、他のメーカーとの共同制作によって家庭用ゲーム機にも移植がなされており、中には家庭用オリジナルのシリーズも存在する。家庭用ハード版の制作メーカーの一つにはヒューマンがあるが、倒産後はハムスターに販売権が移っている。


ゲームの目的

コンビニエンスチェーンのオーナーとなって、舞台となる街に店舗展開をしていく。内装、販売価格、人事などの要素で様々な戦略を立てつつ、シナリオ毎に与えられた条件をクリアする。シナリオのクリア条件は、代表的なものに

* 都庁を誘致する(一定数以上の町人口を達成)
* 街を独占する(ライバル店舗の完全撤退)
* オーナー評価を上げる
* 利益を上げる

などが存在する。

街にあるコンビニは自分の店だけではなく、もう一つのコンビニチェーンが存在。これがプレイヤーから見た「ライバル店」となり、この二店の間で利用客の争奪戦が繰り広げられる。このライバル店は争うべき敵であるが、儲け向上のために利用することも必要。シナリオによっては時に共存する必要さえある。

コンビニの売り上げを上げるためには町の発展が必要不可欠。積極的な店舗展開をすれば人は増えていくが、同時に地価も上がっていく。その分店舗展開は次第に困難になっていくが、かといって拡大化に消極的になれば人口も少しずつ減っていく。所持金と相談して、慎重にかつ大胆に店舗展開を行っていく。なお、施設を「誘致」することで意図的に町人口の操作を行うことも可能。


シリーズ

ザ・コンビニ~あの町を独占せよ~
Windows用ゲームとして発売された。のちにプレイステーション、セガサターン、Macintoshに移植。制作元はヒューマン。ヒューマン倒産後はハムスターがMajor Wave シリーズで廉価販売、ゲームアーカイブス対応ソフトとしても配信されている。

ザ・コンビニ~パワーアップキット~
ザ・コンビニにさまざまな要素を追加する。

ザ・コンビニ~アナザワールド~
3つの架空世界が舞台。アートディンクがPS、SSに移植。

ザ・コンビニ2~全国チェーン展開だ!~
PS・SS用のみ発売された、家庭用オリジナルタイトル。制作元はヒューマン。ヒューマン倒産後はハムスターがMajor Wave シリーズで販売。
一定の条件をクリアすることにより、ゲームを売ることが可能になる。

ザ・コンビニIII~あの町を独占せよ~(2002/04/19発売)
プレイステーション2に移植。制作元はハムスターで、実在コンビニチェーン「ローソン」とのタイアップがなされている。

ザ・コンビニIII~あの町を独占せよ~ ポピュラー・エディション(2004/06/24発売)
IIIの廉価版。

ザ・コンビニ ネットバトル(2004/02/04発売)
対戦型オンラインゲーム。月額525円(後に無料化され、現在はサービス終了)。

ザ・コンビニIV~市場制覇~(2005/06/17発売)
Windowsで発売された。2006年12月に廉価版がソースネクストから発売された。
新たに神社、ガソリンスタンド、銭湯が登場した。

ザ・コンビニ 200X(2006/03/30発売)
住民の思考エンジンを強化。Xbox 360で発売。

ザ・コンビニ4~あの町を独占せよ!~(2006/04/27発売)
新しくドトールコーヒーとエンターブレインとタイアップし、前作と同じローソンともタイアップ。
新たに神社、ガソリンスタンド、PS2オリジナルとしてカフェも登場

ザ・コンビニDS 大人の経営力トレーニング(2008年秋発売予定)
株式会社ローソンとのタイアップ作。企画・監修が株式会社マスターピース、制作が株式会社ハムスター、発売・プロデュースが株式会社日本一ソフトウェアとなる。

【wikiより】
スポンサーサイト
2008年08月31日 | ゲーム@趣味 | コメント(1) | ゲーム
コメント
No title
おふ
辺境の地に訪れる名無 URL 2008年09月19日 16:57:27 編集

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。