スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ボンバーマンを実写で再現!

実写版ボンバーマン‐ニコニコ動画(夏)
クレイアニメでボンバーマンのバトルを再現した映像。
爆弾はプチトマトです。

制作陣:
Johaness Hennebichler
Bernhard Kerschbaumer





クレイアニメはクレイ・アニメーション(clay animation)の略で、ストップモーション・アニメーションのうち、被写体を主に粘土を材料として作成されているものを指す。主に英語圏などではクレイメーション(Claymation)と呼ばれる。正確には粘土で無い素材や、粘土のような素材はパペット・アニメーションとされる。

1953年に制作されたアート・クローキーの『ガンビー』が世界初のクレイアニメと言われる。さらに1974年の「クローズド・マンディ」がアカデミー賞を獲得したことをきっかけに人気が高まった。

制作方法

被写体となる粘土による造形物を、一コマごと撮影する方法による。一コマ撮影するごとに粘土造形物に手を加え、数分の1秒間分の動きを加える。その後に、また一コマ撮影するということを繰り返して撮影する。

セルアニメやCGアニメと比較して、撮影に手間がかかり、取り直しも容易ではない。粘土は、長時間の撮影中に型崩れを起こす場合もあり、また造形物の形に変化を加えるため、針金などの補強材を造形物の骨格に用いることもある。

しかしながら、その動きの自由さや、大きな変形が可能なことなど、独自の表現力を持つ。


代表的な作品

* 『ウォレスとグルミット』
* 『チキンラン』
* 『タルピー』
* 『ニャッキ!』
* 『ピングー』
* 『カペリート』
* 『ラビーノタウン』
* 『ジャム・ザ・ハウスネイル』
* 『死霊のはらわた』 (一部にて採用)
* 『クレヨンしんちゃん』 (劇場版のOPにて採用)

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年08月27日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ゲーム
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。