スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

タブレットPC×2台で超デカいDS!

超デカいDS‐ニコニコ動画(夏)
タブレットPC×2台でジャイアントニンテンドーDSを作成。
もちろん動きます。タッチペン機能もしっかり搭載!
動画ではマリオカートやカービィをプレイします。




< ニンテンドーDS >
画面を2つ持つことや、タッチスクリーン、マイクによる音声入力などのユーザーインターフェースを特徴とする。

2006年3月2日には、上位モデルのニンテンドーDS Liteが発売された。一回り小型軽量化が図られ、バックライトも4段階に輝度調整可能となった。性能や動作するソフトは従来のDSと変わらない。ゲームボーイアドバンスに対するゲームボーイアドバンスSPと同様の位置付けである。顧客の需要がニンテンドーDS Liteに移行し、生産ラインもそちらにシフトしたため、2006年夏ごろからニンテンドーDS本体の生産は行われていない。

開発コードは「Nitro」(ニトロ)。そのことから本体ならびに関連製品の品番には「NTR」が付けられている。当初「DS」はあくまで仮称とされていたが、後に正式名称となる。

"DS"という名前

"DS"とは"Double Screen"の略で、折りたたみ式の本体の両側に「2つの液晶画面を持っている」という意味がある。他にも任天堂幹部の発言によると、Dual Screen、Developer Systemの意味もあるとされている。

デザイン

外見はかつての同社のゲーム機『ゲーム&ウォッチ マルチスクリーン』を彷彿させる。下側の液晶画面はタッチスクリーンになっている他、マイクが付き、ボタンもゲームボーイアドバンスと同様の物に加えXYボタンが追加されるなど、インターフェイス面で数多くの特徴を持つ。

互換性

ゲームボーイアドバンスのCPUに使われているARM7TDMIをサブCPUとして搭載することで、ゲームボーイアドバンス用ソフトとの互換性を実現しているものの、それまでの歴代ゲームボーイシリーズにあったZ80系のプロセッサは搭載していないため、ゲームボーイ(白黒)、ゲームボーイカラー用のソフトは使用できない。そのため、ゲームボーイアドバンスカートリッジスロットの内部には突起があり、ゲームボーイカラー以前のカートリッジを物理的に挿入できない構造になっている。

また、ゲームボーイアドバンスにあった通信コネクタが装備されていないため、ゲームボーイアドバンス用ソフトの通信機能は使うことができない。同様に、ゲームボーイアドバンス用の周辺機器も基本的には使用できない。DSのワイヤレス通信はゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタとは通信の規格が異なるため、アドバンス用ソフトのワイヤレスプレイも不可能。

ライセンス商品では充電端子に接続するゲームボーイアドバンスSP用のACアダプタとヘッドホン変換プラグ、そしてゲームボーイアドバンススロットに挿入する『PLAY-YAN micro』や『プレイやん』、『カードeリーダー(旧型)』のみが使用可能。DS Liteのみ『カードeリーダー+』も使用できるが、通信機能は使えない。ニンテンドーDS本体には通常のヘッドホン端子があるので、ニンテンドーDSではACアダプタ用の端子にゲームボーイアドバンスSP用変換プラグを経由して接続したヘッドホンと併用することも可能。説明書でも本体にヘッドホンのプラグが上手く刺さらない場合はゲームボーイアドバンスSP用変換プラグを使用するように記載されている。 また、変換プラグとDS本体のヘッドフォン端子に同時につないでも音はでるが、多少音量が小さくなる。

なお、新型機のニンテンドーDS LiteではACアダプタのプラグ形状が異なるため、その端子を用いる機器は使用不可である。

仕様

* CPU:ARM946E-S 67MHz(メイン) + ARM7TDMI 33MHz(サブ ゲームボーイアドバンス向けソフトとの互換にも用いられる)
* メモリ:4MB
* VRAM:656KB
* 画面:3インチ(対角)半透過反射型バックライト付きTFTカラー液晶ディスプレイ × 2枚
o 解像度:256×192、26万色表示
o 下画面に抵抗膜方式透明アナログタッチパネル付
* ROM:メガチップス社製の独自規格マスクROMとゲームデータ記録用のフラッシュメモリ。現在市販されているDSカードの最高容量は2Gbit(256MB)。
* 3D描画:120,000ポリゴン/秒
* 2D描画:30,000,000ドット/秒
* 入力:十字キー+6ボタン(A/B/X/Y/L/R)+START/SELECTボタン+タッチスクリーン+マイク(音声入力用)
* 通信機能:IEEE 802.11(Wi-Fi)対応および任天堂独自プロトコルに対応
o 無線通信による1カートリッジ対戦プレイ可能
o 内蔵ソフトピクトチャット使用で最大16台のDS間で文字や絵をワイヤレスでやり取りすることが可能
o ワイヤレスLAN接続ポイントへ接続することによりネットワーク通信も可能。
* 電源:内蔵リチウムイオンバッテリー(3.7V/850mAh)、付属ACアダプタ(ゲームボーイアドバンスSP付属のACアダプタも使用可能)、パワーマネジメント機能搭載(DS用ソフト使用時のみ)
* サウンド:ステレオスピーカー内蔵
o 同時発音数16音
o ソフトによりバーチャルサラウンド可能
* サイズ:84.7×148.7×28.9mm
* 重量:約275g

【wikiより】
スポンサーサイト
2008年08月24日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ゲーム
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。