スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

【完成】健康優良不良男女【AKIRA】

【完成】健康優良不良男女【AKIRA】‐ニコニコ動画(夏)
AKIRAで男女。
健康優良不良って不良なのにもったいないですよね。
ミキやモズみたいに漫画版のキャラも男女にでてます。
劇場版AKIRAしか見た事ない人はこれを機にAKIRAの漫画も読んでみては?
全6巻です。ナウシカ同様、読み応えのある作品ですよ。
漫画版の第一巻が出たのが1984年9月21日なんですよ~。それであの世界感はやっぱ異常です。





『AKIRA』(アキラ)は大友克洋による日本の漫画。講談社発行の漫画雑誌週刊ヤングマガジンで連載。アニメ映画化(1988年)、ゲーム化もされた。

近未来の荒廃した世界を描いたSF作品であり、緻密でリアルな描写や演出などが話題となり、漫画・映画共に大ヒットし、どちらも革新的な技術をもたらした。以降の漫画・アニメ作品に与えた影響も大きい。原作の漫画版では「漫画界の二度目の革命」ともされる(一度目はもちろん、手塚治虫)。題名のAKIRAは大友自身がファンであり影響を受けた映画監督黒澤明に由来する。題字の毛筆による書は漫画家の平田弘史によるものである。

単行本は週刊誌と同じ大判サイズに小口への色付けを施すなど、凝った装丁になっているが、フランスの漫画家メビウスの影響を受けている作者の緻密な描写にはこのサイズでの出版は不可欠であったと思われる。日本国外ではアメリカンコミックのスタッフが着色した外国語版が流通しており、これを日本語に逆翻訳したものが『国際版AKIRA』及び『総天然色AKIRA』として日本で発売された。

映画は制作費に10億円をかけたという大規模な作品で、緻密な作画や音楽、破壊映像などで当時のアニメ界に革新をもたらした。制作手法としてアフレコではなくプレスコを採用している。また、通常、リミテッドアニメーションでの人物の口の動きは3種類であるが、この作品では母音の数と同じ5種類で描かれている。日本のみならず海外でも人気となり(むしろ、日本以上に海外での評価の方が高いとされる向きもある)、日本アニメの再評価や輸出の増加に貢献した。ビデオ化に際しても多くのカットに手を加えたり、音楽関係に手を加えてあり、今なお進化し続けている作品である。

1984年(昭和59年)度、第8回講談社漫画賞一般部門受賞。

2002年、アイズナー賞最優秀国際アーカイブプロジェクト部門および最優秀国際作品部門を受賞。また、それ以前の1992年にオールカラー国際版AKIRAが最優秀彩色部門を受賞している。

< ストーリー >

198X年東京は新型爆弾により崩壊、第3次世界大戦に発展し、世界は荒廃していった。

2019年。東京湾に浮かぶ、東京23区を模した人工都市ネオ東京の暗く遺棄されたハイウェイ。暴走族の少年らが入り込んで疾走している。メンバーの鉄雄は白髪の少年と接触事故を起こし重傷を負ってしまう。白髪の少年は、政府の超能力研究機関から、反政府ゲリラ(テロリスト)らによって連れ出された超能力者タカシであった。

鉄雄はタカシと共に研究機関に連れ去られ、そこで超能力が目覚め始める。


< ドラッグカルチャーとの関連性 >

本作品は、日本でも1960 - 70年代に流行したサブカルチャーのサイケデリック文化(ドラッグ文化とも・ヒッピー文化にも関係する)よりの影響が作中にあるとみられる。これは主人公やクラウンなどが日常的に使用している興奮剤(これは金田のジャケットの背に描かれたカプセルにも関連する)、更には超能力者が服用する致死量に達する危険な薬物といった物に関連性を見出すサブカルチャー研究者も少なくない。

なお作中で語られるこれらの薬物はアッパー系の覚醒剤の一種だとみなされており、これは日本の薬物乱用者に於いてダウナー系(意識が混濁する)の麻薬よりも、非常に神経が過敏になる覚醒剤(過敏になり小さなゴミも気に成り出したりするともいう)が好まれる傾向にも関連するとされ、ヒロポン(語源はラテン語の「労働を愛する」に由来)が蔓延した第二次世界大戦の戦後復興期を髣髴とさせる物がある。これは作中世界の第三次世界大戦から31年後という舞台設定にも関連性が見出される。

物語では度々、開発された超能力者(ナンバーズ)が服用、もしくは能力を発揮する際にこのカプセル型の薬物が登場しており、物語の展開に大きな役割を果たす。この辺りは霊感を得ようとして幻覚剤を服用するサイケデリック文化の影響と考えられる。

欧米や日本では1990年代後半から2000年代前半にかけ、ファッションドラッグとまでいわれるMDMAが若者層の一部に流行を見せたが、本作品はそのようなアンダーグラウンド・カルチャーを先取りしているともいえよう。ただそのような薬物乱用の流行には、周期性や新種薬物の開発にも関連しているため、先取りというよりも不良サブカルチャーの一端に、薬物乱用が組み込まれてしまっている現実を、より緻密に描写しているともいえる。

金田らも最初の内はカプセル状興奮剤を使用していたが、物語が展開していく中では、特に常用している様子は伺えない。また映画版では映画という時間の限られた媒体のための変更か薬物関連の描写が減ぜられている。

★ネオ東京のバイク

作中、主人公の金田が操る「金田のバイク」をはじめとする個性的なバイクは、カウルからフレームレイアウトに至るまでのセミ・イージーオーダーシステムが主流となったことによるものであり、同じものは二つとない。

車輪内に組み込まれた常温超伝導モーターによる両輪駆動を実現し、電力はガソリンエンジンによる発電(映画冒頭で鉄雄が押しがけし、原作では金田がクスリを燃料タンクに隠している)。また、ボディのあちこちに貼られたステッカーは、1980年代回顧ブームによる流行であるらしい。

ただ、ジョーカーが乗る大型のアメリカンは、現在と同じガソリンエンジンの後輪駆動車という設定になっており(彼の趣味)、大きなマフラーが何本も伸びている。

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年08月18日 | ゲーム@趣味 | コメント(1) | 漫画
コメント
こんにちは♪(〃^∇^)o_彡

桜パパの≡Slowlifeです(。・ω・)ノ大阪から発信遊泳中です

Blogにemoを貼ると記事の内容でココロの変化が見れるかも??。

あし友のお気入り、友達申請は大喜びしますよ。

今日も笑顔で(*⌒ー⌒笑)o『笑う門には福来る』感謝♪
http://blog.livedoor.jp/sakurapapa16/
桜パパ≡⊂⌒⊃≡Slowlife URL 2008年08月19日 14:19:43 編集

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。