スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

EXTRA - KEN ISHII

EXTRA - KEN ISHII‐ニコニコ動画(夏)[傑作アニメPV] KEN ISHII - EXTRA (画質改善版)‐ニコニコ動画(夏)
好きだったから紹介してみた、後悔はしていない。






ケン・イシイ(Ken Ishii)は、日本のテクノミュージシャン、DJ。「東洋のテクノ・ゴッド」などと呼ばれる。1970年札幌生まれ、東京に育つ。筑波大学附属駒場中学校・高等学校卒業、一橋大学社会学部卒業。その後電通に勤務する。 ニックネームはけんちゃん、ケニー。


< 略歴 >

1993年、学生時代に制作したデモテープがベルギーのテクノレーベルR&Sレコーズから採用される。プリセットがバグ状態になってしまったKORG M1(オールインワンシンセ)を駆使し、デトロイトテクノの影響下にありつつも独創的な楽曲を製作。 その後リリースされた 1st『Garden On The Palm』 は、イギリスの音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得。当時、日本では全く無名の存在だった為、当初は英国在住の日系人ではないか等、様々な噂や憶測が飛び交った。その後『電気グルーヴのオールナイトニッポン』等、いくつかの日本のメディアでも逆輸入のかたちで紹介されることとなる。1990年代以降、日本人のテクノミュージシャンで海外で本格的に評価された最初の人物であり、その道を切り開いた功績は大きい。続く2nd『Jelly Tones』は、その音の美しさ、繊細さと独特なビートで世界を席巻、瞬く間に頂点に駆け上った。このアルバムでは従来のリスニング路線に加え、ダンスビートをより意識した作風へと徐々に変化を遂げた。現在では、ケン・イシイ名義および別名義「FLR」での活動は日本のサブライムレコーズからのリリースが中心となっている。また、楽曲制作と並行してDJとしての活動も精力的に行っており、2004年のIbiza DJ awardのテクノ部門においてグランプリを受賞した。毎年恒例のREEL UPというイベントをサブライムレコーズのDJ YAMAと主催している。

実はプロレス通で、インディーズ団体などにも詳しい。

R&Sでデビューする以前に、当時アルファレコードのA&Rで後にソニーテクノを立ち上げる弘石雅和へデモテープを渡している。しかしリリースには至らなかった。


< シングル >

* Pneuma(1993年)
* Tangled Notes(1994年)
* EXTRA(1994年)
* STRECH(1996年8月7日)
* Circular Motion(1996年10月2日)
* Echo Exit(1997年4月9日)

ジャケットデザインは森本晃司

* ICEBLINK -Theme Track For WHITEOUT- (2000年7月19日)

< アルバム >

* Garden On The Palm(1994年5月21日)ミニアルバム
* Inner Elements(1994年9月21日)
* Jelly Tones(1995年12月1日)

尚、このアルバムのジャケット及び一曲目の「EXTRA」のPVは、長篇アニメAKIRA等で有名なアニメータークリエーター、森本晃司に依るもの。原画は福島敦子

* Metal Blue America(1998年1月1日)
* Sleeping Madness(1999年5月21日)
* Flatspin(2000年8月18日)
* Future In Light(2002年10月30日)
* SUNRISER(2006年11月1日)


【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年08月01日 | ゲーム@趣味 | コメント(2) | BGM/サントラ
コメント
アニメって本当はこっちに進んでた筈なんだけど
いつの間にか無趣味な無能の受け皿になっちまった。
悪徳慈善事業家 URL 2008年08月16日 15:42:34 編集
それはゲームにも言えることだね。商業化されれば結果を出さなければいけない→大衆ウケするものに→似たり寄ったり。

昔はなぜ趣味的な作品が作れていたのかな?
ハーヴェスト URL 2008年08月17日 22:30:39 編集

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。