スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

【BGM】ポケモン不思議のダンジョン(赤・青・時・闇)【まとめ】

ポケモン不思議のダンジョン(青の救助隊)ダンジョンBGM集‐ニコニコ動画(夏)ポケモン不思議のダンジョン良曲・神曲メドレー Part1‐ニコニコ動画(夏)


ポケモン不思議のダンジョン良曲・神曲メドレー Part1



ポケモン不思議のダンジョン良曲・神曲メドレー Part2



ポケモン不思議のダンジョン良曲・神曲メドレー Part3



ポケモン不思議のダンジョン良曲・神曲メドレー Part4



ポケモン不思議のダンジョン良曲・神曲メドレー Part5



ポケモン不思議のダンジョン(青の救助隊)ダンジョンBGM集



ポケモン不思議のダンジョン(赤の救助隊)ダンジョンBGM集



ポケモン不思議のダンジョン 時&闇の探検隊 BGM集(前半)



ポケモン不思議のダンジョン 時&闇の探検隊 BGM集(後半)



< ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊 >

『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモンから発売されたコンピュータゲーム。

ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作された。


< 概要 >

ある日突然ポケモンになってしまった主人公。ポケモンだけが暮らす世界で、友達(パートナー)になったポケモンと救助隊を結成し、ポケモン達からの依頼をクリアしながらポケモンになった謎を探す事になる。他のポケモンシリーズとは一線を画すシリアスでドラマチックなストーリー展開と世界観を重視した BGMが特徴的な作品。

主人公のポケモンは、オープニングの質問(心理テスト)の答えにより16種類のポケモンから選ばれ、パートナーのポケモンは、一部のポケモンや、主人公に選ばれたポケモンと同じタイプを持つポケモンを除いた7~10種類のポケモンの中からプレイヤーが選ぶ事ができる。

なお、2本のソフトの内容は一部を除いてほぼ同じである。

★基本システム

基本的に、『青の救助隊』と『赤の救助隊』のシステムは同じである。青の救助隊は、ニンテンドーDSの機能を活かしてタッチスクリーンやすれちがい通信に対応している。処理能力の違いで赤の救助隊は若干動作が重くなっている箇所があるが、ストーリーなどは全く変わらない。出現する野生ポケモンの種類に多少の違いがあるが、それすらも最終的には全く同じにすることが可能で、ポケモンシリーズ本編のバージョン違いとは趣が異なる。

★ターン制

過去に出た不思議のダンジョンシリーズと同じく、全ての行動は主人公が1回行動すると他のキャラクターもそれに反応して行動を行う完全ターン制である。主人公が行動をしない限りゲームは進行しないため、急かされずにじっくりと考えてから行動することが可能。ターン経過に伴う満腹度(おなか)の減少も健在である。

★仲間システム

本作ではモンスターボールは登場しない。条件を満たしていれば倒した後にランダムで起きあがって仲間になる、というドラゴンクエストシリーズに近いものとなっている。

本作が発売された時点でポケモン本編に登場していた386種類は、全て仲間にすることができる。ただし、ゲーム中一度しか仲間にできるチャンスがないポケモンがあり、そのいずれもイベントによって仲間になる。また、通常の方法では仲間になる確率がかなり低いポケモンがいる。 また、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』に登場するポケモンも、一部ながら特殊な形でゲスト出演している。

★アイテムなど

不思議のダンジョンシリーズにおける、食料・草・巻物・腕輪などが、形を変えて登場している。武器や防具の概念はないが、代わりに「わざ」の要素がある。

ダンジョン内の店も健在で、シリーズ名物の泥棒も可能(店主はカクレオン)。不思議のダンジョンシリーズにおける店主同様カクレオンも非常に強い。ちなみに通貨は「ポケ」。

★わざ

ポケモンは「わざ」を使うことができる。基本的にはポケモン本編に登場するものと同じだが、攻撃範囲や効果、使用回数などは独自のアレンジがなされている。また、わざではない「通常攻撃」も行えることや、技マシンなどで技を覚えられる機会があればすでに覚えた技も重ねて覚えられることは、ポケモンシリーズとしては異色であると言える。

わざは、従来の不思議のダンジョンにおける武器や杖、巻物のような効果を持っている。一度覚えさせれば忘れさせない限り使い続けることが出来るが、PP(パワーポイント。使用回数を表す)が切れた場合は何らかの回復手段が必要となる。

「ポケモンひろば」にある「ゴクリンのれんけつてん」で150ポケを払うか、「れんけつばこ」を使うことでわざの『連結』が出来る。連結したわざは1ターンで一気に繰り出すことができる。強力な半面、おなかが減ってしまうというデメリットがある。連結に関係なく(原作ゲームと同様に)わざは4つしか覚えられないので、結果として使用可能回数が減ってしまう。

★かしこさとグミ

ポケモンはグミを食べるとかしこくなり、行動パターンに変化が起きたり、ステータスの上昇やおなかの減り具合、状態異常、罠の対応力などのさまざまな能力を覚える。

グミはポケモンのタイプ同様17種類あり、食べたポケモンのタイプに対応したグミだと最もかしこくなり、他のグミの場合だとそのタイプとの相性によって上がるかしこさの量が異なる。

グミはダンジョン内か、友達エリアで食べさせる2種類の方法があり、前者の場合は賢さが上がりやすく、後者の場合はこうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼうのステータスのいずれかが1あがる。

なお、覚えたかしこさの能力は似た系統のかしこさは一つしか発動させる状態にしかできない。また、タイプが2種類のポケモンはかしこさが上がりやすくなっている。

★ダンジョン脱出後の措置

『トルネコの大冒険3』と同様に、クリアや敗北でダンジョンを脱出しても、レベル等はそのまま引き継がれる。エンディング後に登場する一部のダンジョンでは、入場時に一時的にレベル1に戻されかしこさもリセットされるため、従来の不思議のダンジョンのような冒険も楽しめる。

★ともだちきゅうじょ

ダンジョン内で倒れたとき、別のソフトのプレイデータでそのダンジョンに潜入し、相手プレイヤーが倒れた地点まで到達することで復活させる「救助」システムが搭載されている。ワイヤレスやケーブル通信はもちろん、パスワードを入力することで、遠く離れた所でプレイしている人を救助することもできる。インターネットの掲示板を利用して救助活動にいそしむことも出来る。

また、青の救助隊と赤の救助隊を同一のニンテンドーDSに挿すことで、一方が他方の救助隊を救助することが可能。

救助完了した後、自分の救助隊からワイヤレス/ケーブル通信、ダブルスロットで青側が救助した場合のみ、「おたすけポケモン」として、メンバーを1名送ることができる。もちろん自分の救助隊からいなくなるわけではない。

★ふしぎなメール

ゲーム内で登場する依頼は「ふしぎなメール」と呼ばれる。これにはパスワードがついており、ゲーム開始時にこれを入力することによって、他のプレイヤーと同一の依頼を受けることが可能。

本作には通信交換が存在しないが、この方法で「そのバージョンには出現しないポケモン」を救助できれば、そのポケモンを仲間にするチャンスが生まれる。また、4つの隠しダンジョンを出現させるパスワードも存在しており、任天堂・ポケモンの公式サイト・携帯サイトやポケモンセンター等でイベントとして配布されていた。


【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月25日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | BGM/サントラ
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。