スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

発車メロディをファイナルファンタジー風にアレンジ

ファイナルファンタジーの音楽で発車メロディを作ってみた‐ニコニコ動画(夏)
ファイナルファンタジーの曲を発車メロディ風にアレンジ!
坂本真綾、佐倉紗織版などもあります。

曲目 
1番線.メインテーマ 
2番線.チョコボのテーマ 
5番線.大いなる翼を広げ 
7番線.ゴールドソーサー 
8番線.ami 
10番線.素敵だね


ファイナルファンタジーの音楽で発車メロディを作ってみた


↓他作品リンク↓



発車メロディ(はっしゃメロディ)とは、鉄道駅において、乗降中の利用者に列車が発車することを音楽によって伝えるための放送手段、あるいはそのシステムである。

鉄道ファンの間では発メロ(はつ-)、駅音(えきおん)などと呼ばれ、駅員(主に旅客案内)などの間では発車ベルと呼ばれる。


< 歴史 >

発車メロディの嚆矢については諸説あるが、1970年代には一部の大手私鉄で使用されていた(1971年8月より京阪電気鉄道で使用開始)。

一方、現在一番多くのメロディを使用する東日本旅客鉄道(JR東日本)では、旧・日本国有鉄道(国鉄)時代の1970年代後半から電子音化したベル(「ピロピロピロ」という音)を使用していたが、多数の駅利用客から耳障りであるなどと不評であった。そのため、1988年の千葉駅での発車ベル廃止を経て、1989年3月に音響機器・楽器メーカーとして知られるヤマハに新しい発車メロディ放送システムを開発させ、新宿駅と渋谷駅に導入した。この際にピアノや鈴、ハープといった音色と、人の心を落ち着かせる雰囲気のメロディを採用した。このメロディは発車メロディの中でも秀逸な物の一つとして未だ鉄道ファンの間で人気がある。現在は老朽化により別のメロディーとなっている。

1990年代に入り、初期の発車メロディが好評を博したことを受けて他駅でも導入の機運が高まったが、以後の導入に関してはコストダウンを図ったシステムが採用された。採用された代表的な会社が音響機器メーカーのUNI-PEX(ユニペックス)で、オカリナ奏者宗次郎のメロディ「清流」や「雲を友として」などの他にオリジナル曲を採用した。これらのメロディは同社が製造した自動放送装置と合わせるようにしてコストダウンを図ったと思われる。なお、これらのメロディは東京近郊の駅で導入していたが、宗次郎の曲は著作権の関係で同社東京・大宮支社管内の駅では2005年3月頃相次いで変更された。2007年現在、宗次郎のメロディが使用されている駅は上越線高崎問屋町駅のみである。

最近では、蒲田駅で「蒲田行進曲」が使われたり、高田馬場駅と新座駅で「鉄腕アトム」のテーマ曲を使うなど、駅に関連する曲を使う場合もある。

総じてJR東日本エリアではほとんどの駅の在来線ホームと一部の駅の新幹線ホームが旧来の発車ベルから発車メロディへ変更されている(元々発車ベルがなかった駅を除く)。よって在来線ホームが未だに発車ベルのままとなっているのは少数に限られる。一方で、長野支社管内などでは元々発車メロディを採用していた駅が放送設備更新によりベル化したという事例もある。なお、JR東日本の支社で発車メロディを全く使用していないのは新潟支社のみである。

列車発車時に使用されるメロディ・チャイム・ベル・ブザーなどを一まとめにして「発車ベル」と呼ぶこともある。

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月22日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | BGM/サントラ
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。