スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

TAS スーパーマリオワールド 10:26.65

[TAS] Super Mario World in 10:26.65‐ニコニコ動画(夏)
スーパーマリオワールドのTAS動画。
プレイヤー:Mr.
タイム:10:26.65
追記回数32157回。
解説付きで解りやすいです。


[TAS] Super Mario World in 10:26.65




< スーパーマリオワールド >

日本では1990年11月21日に任天堂からスーパーファミコン用ゲームソフトとして、スーパーファミコン本体と同日に発売された。販売本数は約355万本で、スーパーファミコンソフト史上国内売り上げ第2位(第1位は『スーパーマリオカート』の382万本)、全世界累計では第1位を記録した。2001年12月14日にはゲームボーイアドバンスに移植され、『スーパーマリオアドバンス2』として発売された。

1990年当時人気絶頂期にあった任天堂のゲームキャラクター「マリオ」が活躍するスーパーファミコン第1弾ローンチタイトルとして、同機の普及を牽引するという役割を担った。ヨッシーなど新しいキャラクターの登場、スーパーファミコンの表現能力を強調したカラフルなグラフィックでゲームファンを引き付け、ファミリーコンピュータからの移行を円滑に進めることに成功し、スーパーファミコン定番ソフトとしての地位を獲得した。発売されてから2~3年間はほとんど価格が下がらなかったことも本作品の人気の高さを象徴している。

日本国外では、 "Super Mario All-Stars + Super Mario World" という、通常の『スーパーマリオコレクション』に加えて本作も同時収録した限定版ソフトをSNES本体に同梱した "Mario Set" というセットが存在した。

今回の舞台は「恐竜ランド」。旅の途中でクッパにさらわれたピーチを救出することが目的。


< 音楽 >

本作ではコース上のほとんどの音楽が一つのテーマ曲からの変奏になっている。ボス戦など一部は異なるが、ボスに勝った時のファンファーレまで変奏にこだわっている(ただしマップ上は各自異なる音楽であり変奏ではない)。近年ではこのような演出は珍しくないが、当時としてはゲーム全体をこのように一つのテーマ曲で統一する例は非常に珍しいものであった。これについて近藤浩治は「マリオ3では曲数が多すぎて覚えてもらえなかったため、ひとつのテーマで統一することにした」と公式ガイドブックの中で語っている。

コース上ではヨッシーに乗ることにより、音楽に打楽器パートが加わる。ヨッシーを伴うことが出来ないお化け屋敷と城、それに砦の音楽は打楽器の演奏は無い。ただしお化け屋敷の音楽の冒頭では不均等で金属的な倍音が鳴るため、これがトライアングルのように聞こえる。

スペシャルゾーンでしばらくコントローラに触れず放置しておくと、初代スーパーマリオブラザーズの音楽のアレンジ版が流れ出す。ただしコースに入ってマップに戻ると通常の音楽に戻る(GBA版『スーパーマリオアドバンス2』でも同じ)。


< アクション >

今作ではジャンプの方法が2種類あり、普通のジャンプとスピンジャンプがある。スピンジャンプとはマリオが高速で回転しながらジャンプするアクションのことである。スピンジャンプで敵を踏むと、敵の甲羅などを残すことなく敵を倒すことができ、ドッスンなど、踏むことのできない敵の上にも乗ることができる(倒すことはできない)。また、大きいマリオでスピンジャンプをすると足元のクルクルブロックを破壊することができる。ただし、ジャンプの高さそのものは通常のジャンプに劣る。

前作『スーパーマリオブラザーズ3』同様、甲羅など物を持つことができる。今回は持ったものを上に投げたり、投げずに地面に置いたりすることもできる。

アクション画面の上部中央の枠にはパワーアップアイテムをストックすることができる。大きいマリオのときに新たなパワーアップアイテムを取ると、それまで使っていたアイテムが枠にストックされ(例:スーパーマリオのときにファイアフラワーを取ると、スーパーキノコがストックされる)、マリオがダメージを受けると枠内のアイテムが自動的に降ってくる仕組みになっている。また、アイテムをとった結果パワーダウンしてしまう場合は、取ったアイテムのほうがストックされる(例:ファイアマリオのときにスーパーキノコを取ると、ファイアフラワーではなくスーパーキノコがストックされる)。当然ながら即死効果のトラップに引っかかった場合はストックは降ってこないが、そのまま残る。このため従来作では再スタートは最弱のチビマリオからの強制スタートだったが、ストックをうまく活用すれば有利な状態で再度挑戦が可能となっている。また、ダメージを受けなくても、SELECTボタンを押せばいつでも枠内のアイテムを取り出し、現在のアイテムと入れ替えることができる(ただしダメージを受けたときと同様、普通に降ってくるだけのため取り損ねるとそのままストックは失ってしまう)。

★ヨッシー

今作の大きな特徴として、恐竜ランドの恐竜「ヨッシー」が登場し、マリオはヨッシーに乗ってアクション面を進むことができる(お化け屋敷や砦・城ではステージの開始時にヨッシーを外に待たせる演出が入り、ヨッシーに乗れない)。

ジャンプすれば上から騎乗できる。降りるときは騎乗中にスピンジャンプをする。ヨッシーで敵を踏みつけたときはマリオのスピンジャンプと同様の効果となる。騎乗時にダメージを受けるとヨッシーはマリオから逃げてしまうが、追いかけて上からジャンプすれば再度騎乗することができる(一部、ヨッシーは逃げないがマリオが直接ダメージを受ける敵がいる)。また、ヨッシーでジャンプした状態でヨッシーから降りることで、2段ジャンプも可能となる。

ヨッシーはカメレオンのように舌を出すことにより敵キャラクターやアイテムを飲み込むことができる。飲み込んだものが甲羅やアイテムの場合は一定時間ヨッシーの口の中に保持され、しばらくすると飲み込むが、飲み込む前に吐き出すこともできる。吐く・飲むを繰り返すことで長時間の持ち運びが可能。立ったまま吐くと勢いよく飛び出すが、しゃがんで吐くと足元に落ちて止まる。ただし無敵ノコノコか赤ノコノコの甲羅、あるいは赤ヨッシーが飲んだ甲羅の場合は、吐くと炎になる。飲み込むと、所持コインが1枚増える。

また、赤、青、黄の甲羅を口に含んでいるときは、甲羅の色によりそれぞれ次の特殊能力が備わる(無敵ノコノコの甲羅を口に含むと下記の3種類の能力を全て同時に使用できる)。

* 赤 - 吐き出すことで、正面と前方斜め上下の3方向にファイアを放つ。ファイアに当たった敵はコインに変わる。
* 青 - ジャンプボタンを連打することによって空を飛べる(マントマリオの場合はボタンを押しっぱなしで飛べる)。
* 黄 - ジャンプして着地したときに砂煙が起きる。この砂煙が敵に触れるとその敵を倒せる。

通常の緑色のヨッシーのほか、赤・黄・青色をした「伝説のヨッシー」といわれるヨッシーも存在する。伝説のヨッシーは子供の状態で出現し、甲羅系アイテムのように抱きかかえて持ち歩くことができる。この状態で敵キャラに正面から接触し、5体(もしくはアイテムを1個)食べさせると成長して乗れるようになる。これらのヨッシーに騎乗している時は、どの色の甲羅を口に含んでも、ヨッシーの身体の色と同色の甲羅の効果が現れる。つまり口に含んだ甲羅が緑以外であれば、ヨッシーの身体の色と甲羅の色の双方の効果が同時に現れることになる。

コース上で時々現れる対の羽をヨッシーに乗った状態で取ることにより、上方の隠しボーナスステージへとワープできる。ここではヨッシーは自動的に青ヨッシーとなり、またこのステージ内では青の甲羅を口に含まなくても空を飛ぶことができる。このコースでヨッシーに乗った状態で下方の画面外へ降りると自動的にコースクリアとなる。以降マリオの乗っていたヨッシーは青ヨッシーとなり、離れるまでずっと使用できる。このボーナスステージでヨッシーから離れてしまうと青ヨッシーを確保することができない。

★変身

前作の「しっぽマリオ」に代わり、「マントマリオ」が登場した。ほかにも、マリオが風船のように膨らみ、一定時間空中を浮遊する「パワーバルーン」も登場。

前作までと違い、本作ではチビマリオのときでもファイアフラワーやマント羽根を取れば、いきなりファイアマリオやマントマリオになることができる。

ファイアマリオ
ファイアボールを撃つことができる。今作ではファイアで倒した敵はコインに変わる。ただしそのコインを無視した場合は、戻ってくるとその敵が復活している。また、ファイアマリオでスピンジャンプを行うと周囲にファイアボールをばら撒く。

マントマリオ
助走後、前作のしっぽマリオのように一定時間空を飛び、その後に背中のマントを膨らませて降下と上昇を繰り返して滑空しつづける事ができる。空から急降下して地面に落ちると地上の敵を一気に倒すことができる。ゆっくり降りてもマントを膨らました状態で滑っている間は敵を倒せる。マントを膨らました状態で敵に当たったり攻撃を受けると飛べなくなってしまうが、ダメージは受けずにすむ。マントで攻撃も可能で、スピンジャンプ中もマント攻撃の判定が出ている。敵やハテナブロックを横からはたいたり、敵の放ってきたもの(野球ボールや骨)を消すこともできるほか、マントを膨らまさずにゆっくりと落ちることも可能。これでないとクリアできないゴールもある。

風船マリオ
パワーバルーンを取って風船のように膨らんだ状態。ふわふわとゆっくり空中を飛ぶことができる。一定時間が過ぎるかダメージを受けると元に戻ってしまう。この状態でヨッシーに乗ることはできない。
スポンサーサイト
2008年07月20日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | TAS動画
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。