スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ロックマンXシリーズ TAS動画 まとめ

ロックマンX2 チートプレイで世界記録を抜いてみたin26:55 part2‐ニコニコ動画(夏)TAS ロックマン X3 38:14.65 1/2‐ニコニコ動画(夏)TAS ロックマン X3 38:14.65 2/2‐ニコニコ動画(夏)
ロックマンXシリーズのTAS動画のまとめです。
↓のリンクからどうぞ。

【TAS】ロックマンX 29:57.88

【TAS】ロックマンX2 31:42.45

【TAS】ロックマンX3 38:14.65


< ロックマンXシリーズ>

第一作の発売日は12月17日。ロックマン第一作の発売日と同じである。

当時ゲーム業界のスーパーファミコンへの市場移行の活発化を機に「スーパーファミコンでのロックマン」として提案されたことに始まり、現在に至るまで多数のタイトルが製作されている。基本的なゲームシステムはロックマンシリーズのものを継承しつつ、ハードかつシリアスな雰囲気が漂う世界観、スピード感が強調されたアクション性などによって差別化が図られいる。また、設定上時系列がロックマンシリーズから続いていることも特徴であり、ストーリーや登場キャラクターにその繋がりが見られる。

登場するボスキャラクターは、動物や植物をモチーフに人型にデザインされることが基本である。シリーズ初期は実在しない生物はモチーフに使わないという「掟」があったらしいが、『X4』のマグマード・ドラグーン(竜がモチーフ)、『X5』のスパイラル・ペガシオン(ペガサスがモチーフ)等、少なからず空想の生物も採用されている。名称については、前半が能力、後半がモチーフとなった動植物の名前を、それぞれもじったものが基本となっている。

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月19日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | TAS動画
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。