スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ロックマンX3(SFC) TAS 38:14.65

TAS ロックマン X3 38:14.65 1/2‐ニコニコ動画(夏)TAS ロックマン X3 38:14.65 2/2‐ニコニコ動画(夏)
ロックマンX3のTAS動画。




< ロックマンX3 >

『ロックマンX3』( - エックススリー)は、1995年12月1日にカプコンから発売されたスーパーファミコン専用のアクションゲームである。

その後様々な機種に移植され、1996年4月26日にプレイステーション版とセガサターン版、2000年2月24日にPlayStation the Best版、1997年3月28日にWindows版、1999年4月16日にSuper1500版(発売:メディアカイト)が発売されている。3DO版の発売も予定されていたが、結局中止となった。



< ストーリー >

イレギュラーハンターとして復帰したゼロは第0特殊部隊の隊長となり、エックスらと共にイレギュラーの掃討を続けていた。その頃、科学者型レプリロイドであるドップラー博士は研究によって、イレギュラーの原因は「Σウイルス」と呼ばれる特殊なプログラムであることをつきとめ、その抗体ウイルスを開発した。その結果イレギュラーは消え、世界には平和が訪れた。更にドップラー博士は人間とレプリロイドが共存する平和都市「ドッペルタウン」を作ると宣言し、人間、レプリロイド双方の多くの支持を得るまでに至った。

しかし数ヵ月後、ドップラー博士の抗体ウイルスを注入されたレプリロイド達が突然反乱を起こした。しかもその指揮をとっていたのは、あのドップラー博士だという。イレギュラーハンターは博士をイレギュラーと断定し、エックスとゼロにも出撃命令が下った。


< ボス >
★水龍のプレジデント アシッド・シーフォース
(英名 Toxic Seahorse)
ドップラー軍団所属。タツノオトシゴ型レプリロイド。大都市の水源である巨大ダムを占拠し、人々の生活を脅かしている。ずる賢く卑怯なエゴイスト。リキッドメタルという液体金属で作られており、自ら液体に姿を変化させることも可能。

★影の飛忍 エクスプローズ・ホーネック
(英名 Blast Hornet)
スズメバチ型レプリロイド。元イレギュラーハンター第0特殊部隊の副隊長であり、ゼロの部下にあたる。慎重に任務を遂行するクールガイ。ドップラーからの招待状がゼロに届いた時、多忙だったゼロの代わりにドッペルタウンに訪れ、その際にイレギュラー化させられる。

★レスキュー発電所 エレキテル・ナマズロス
(英名 Volt Catfish)
発電用のナマズ型レプリロイド。体内に高性能発電装置を内蔵しており、災害、緊急対策時に移動発電所として活躍していた心優しいレプリロイド。ドップラーにドッペルタウンに招待されイレギュラー化され、性格も豹変し電力管理センターを制圧した。

★七つの海の破壊神 シザーズ・シュリンプァー
(英名 Crush Crawfish)
戦闘用小海老型レプリロイド。手をつけられないほど凶暴で、ワガママ。敵味方関係なく攻撃する為に封印されていたが、何者かの手によって目覚める。反乱後は造船所を占拠した。

★ジャングルの守護神 シャイニング・タイガード
(英名 Neon Tiger)
トラ型レプリロイド。冷静で知能も高く、真面目でクールな性格。太陽光をエネルギー源とし、ジャングルに数少なく残る野生動物を密猟者から守っていた。ドップラーの手によりイレギュラー化した後はジャングルを前線基地とした。

★鋼鉄のリベンジャー グラビティー・ビートブード
(英名 Gravity Beetle)
元イレギュラーハンター第17精鋭部隊所属。カブトムシ型レプリロイド。兄弟レプリロイドで、兄であるブーメル・クワンガーを破壊したエックスを恨み、姿をくらます。エックスに復讐する絶好の機会としてドップラー博士の反乱に加わり、空軍の空母を奪取した。ブラックホールを操る能力を持つ。

★白銀の雪男 フローズン・バッファリオ
(英名 Blizzard Buffalo)
バッファロー型スキー場整備用レプリロイド。絶対零度の中でも活動できる。ドップラーにドッペルタウンに招待されイレギュラー化。某都市を氷結し機能をストップさせる作戦を指揮した。元は穏やかな性格で、素手で氷アートを作成する芸術家でもある。なおX4のフロスト・キバトドスのステージでは、氷づけになっている姿を見せている。

★地底のバーバリアン スクリュー・マサイダー
(英名 Tunnel Rhino)
エネルゲン水晶採掘用サイ型レプリロイド。右腕のドリルを誇り仕事を愛する者だったが、ドップラーにドッペルタウンに招待され、破壊欲に忠実なイレギュラーになってしまう。


< 特殊武器 >

★パラスティックボム - エクスプローズ・ホーネック
通常 - 針付き爆弾を発射する。命中した敵の種類によって、効果が3種類に変化する。弱くて地形から離れない敵には貼りついて動きを止め、一定時間後に自爆する。それ以外の弱い敵には、貼りついた後、他の敵に突進しその敵も巻き込んで爆発しダメージを与えるが、周囲に敵がいない場合はその場をしばらく漂った後自爆する。それ以外の敵にはダメージを与えるだけである。ボムが貼りついた敵には、エックスは触れてもダメージを受けない。
チャージ - チャージが完了すると、武器ボタンを押している間、エックスの周囲に4つの照準が現れ、それぞれが近くの敵を1体ずつロックオンして、追尾機能を持つ蜂型爆弾を自動的に発射する。

★フロストシールド - フローズン・バッファリオ
この武器によって倒した敵は体力回復アイテムを落としやすくなる。
通常 - 氷の矢を発射する。敵や地形に当たると砕け、大きな十字型まきびしに変化し、それに触れた敵にもダメージを与える。まきびしは、一定時間経つか、敵に当たると消える。十字ボタンの上下を押す事で軌道を少し調整できる。画面内に2つまでしか出せない。水中で使用すると、矢が大きくなって当たり判定が広くなる。
チャージ - バスターに氷の盾を装着する。敵や弾に数回当たるか、一定時間経つと砕ける。水中で使用すると、目の前に氷の塊を作る。塊は段々と浮かんでいき、足場として使える。

★バグホール - グラビティー・ビートブード
通常 - 小型ブラックホールを発生させる弾を放つ。弾やブラックホールそのものには攻撃能力は無いが、ブラックホールが3秒間、画面内の敵を振動で攻撃し、敵の残骸や弾を吸い込んで消える。敵や弾を吸い込むことで、ハイパーチャージのエネルギーが回復する。しかしダメージを与えられるのは、小型の特定の敵に限られる。
チャージ - バグホールの弾を真上に飛ばし、画面上の敵を画面外に吹き飛ばすという、より強力な全体攻撃。また、特定の足場を上に持ち上げることも出来る。

★アシッドラッシュ - アシッド・シーフォース
この武器によって倒した敵は武器回復アイテムを落としやすくなる。水中では使えない。
通常 - 強酸を含んだ弾を発射する。地形に当たると小さく4つに分裂して前後に酸を撒き散らす。十字ボタンを押しながら撃つ事で、真上や真下にも撃てる。敵によっては、これを当てると動きが止まるものがいる。
チャージ - 大きくなった弾を2つ発射する。バウンドしながら進み、壁に当たると跳ね返る。敵に当たるか、5回地形に当たると消滅する。

★トライアードサンダー - エレキテル・ナマズロス
通常 - 3つの弾を帯電させた三角形のバリアでエックスを取り囲む。電気のバリアを発生させた後、バリアは消滅し、弾はそれぞれの方向に貫通ビームを放つ。バリア消滅前に武器ボタンを押すとバリアの形が逆三角形になり、時間延長される。最高4回までバリアを張れるが、その分のエネルギーも消費する。
チャージ - 地震を発生させて画面全体を攻撃し、さらに帯電した2つの玉を左右に放って地を走らせる2段攻撃。攻撃は地形に触れていない敵にも効果を与える。この際、画面内に特定の岩等があるとそれを破壊することができる。空中で出そうとした場合、着地と同時に発動する。

★スピニングブレード - シザース・シュリンプァー
通常 - 超高速回転する2枚の円盤状のカッターを、斜め上下にブーメランのように放つ。円盤は中距離進むと、上下対称にUターンして後ろに飛んでいく。
チャージ - ヨーヨー状の巨大な円盤状カッターを発射する。中距離進むと止まり、一定時間経つと戻ってくる。戻る前に十字ボタンの上下を押すと、その方向に曲がり、エックスの周りを1回転する。

★トルネードファング - スクリュー・マサイダー
通常 - 標的に連続してダメージを与えるドリルを放つ。当たると敵の動きを一瞬止められる。特殊な壁を破壊する事も可能。画面内に3発まで発射可能。ドリルは1本ずつ出るが、画面に1本しか出ていない状態では一度に2本出る。
チャージ - バスターにドリルを装着する。チャージが完了すると自動的に発動し、武器ボタンを押し続けると、エネルギーが切れるまで突き出し続ける。使用中に壁につかまると、腕のドリルが壁に刺さって静止できる。ダメージを受けると中断される。

★レイスプラッシャー - シャイニング・タイガード
通常 - 角度を5方向に変化させつつ、光の弾を連続発射する。
チャージ - 上空にカプセルを放ち、そこから光の弾を乱射する。カプセル自体にも通常以上の攻撃力があるが、敵や敵の弾に当たると砕けてしまう。



< ゼロチェンジ >

本作では、ゼロを任意の場所で呼び出すことが可能。エックスに代わってプレイヤーとして使うことができる。4段チャージ、ビームサーベルといった強力な武器を使うことができるが制限も多く、あくまでサブキャラ的な位置である。

主な制限・性能

* ボス及び中ボスと戦えない(一部除く)。
* 一度ミスしたらそのデータでは呼び出せなくなる(オープニング面を除く)。
* 特殊武器が使えない。
* ライフエネルギー以外のアイテムを全く取ることができない。
* サブタンクが使えない。かつ、エネルギーを溜められない。
* 背が高いために当たり判定位置が高くなる為、一部背の低い敵に攻撃が当たらない。
* パーツ類がないため、防御力は初期のエックスと同じまま。
* ライドアーマーに乗れない。
* ステージ1プレイ毎に1回だけ呼び出し可能。


【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年06月15日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | TAS動画
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。