スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

スーパーマリオビートボックス

Mario Beatbox and other videos on StupidVideos.com
マリオのWorld1-1をプレイしながらボイスパーカッションでBGMはもちろんの事、同時に効果音まで再現します。一見の価値あり。

↓ホームページ
http://poizunus.com/






< ボイスパーカッション >
ボイスパーカッションとは、打楽器の奏でる音色をそっくりそのまま口で表現する技術である。ボイスパーカッションは、日本ではアカペラグループRAG FAIRの奥村政佳(通称:おっくん)の出現から一躍有名になり、「ボイパ」として広まった。アメリカのヒップホップ界ではヒューマンビートボックスなどが広く知られている。

日本のボイスパーカッションには大きく分けると2つの流派がある。RAG FAIR奥村が演奏している「関東流」、RAG FAIRの出現と同時期にTVに出演していたPOCHIのけんぞーが演奏している「関西流」の2つである。(奥村は東日本で活躍していたが出身は大阪府)

しかし、ボイスパーカッショニストの間ではハモネプの中で生まれた「関東流」「関西流」の分類の仕方に疑問をもつ者も多い。アカペラサイト等では、発音の仕方から「関東流」を「有声」、「関西流」を「無声」とする方法が一般的とも言える。

日本ではボイスパーカッションと呼ばれているが、英語ではVocal Percussion(ボーカルパーカッション)と呼ぶことが一般的である。その他の呼び方としてはMouth Drums(マウスドラムス)がある。

音源として残っているものでは、Do it A cappellaに出演しているTrue Imageというグループのボイスパーカッショニストが一番古い。それ以前にもボイスパーカッション自体は存在していたが、パートとしてではなく間奏などで用いられるだけであった。

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月16日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ゲーム
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。