スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

【無双MAD】三國戦隊蜀レンジャー OP

【無双MAD】三國戦隊蜀レンジャー OP(修正版)‐ニコニコ動画(夏)
よく見たらオープニングもありました。
五虎大将軍による三國戦隊蜀レンジャー。
ビデオセットしなきゃ(・_・;)




< 五虎大将軍とは >
諸葛亮の進言により、劉備が古参・新参を問わず信頼と功績のある武将5人に五虎大将軍の称号を授けた。その5人は関羽、張飛、趙雲、黄忠、馬超である。重要な軍事の際にはそれぞれ軍を率いて活躍し、軍事における中心的な役割を果たした。

★関羽(かんう、Guān Yǔ ? - 219年)は、中国後漢末期に劉備に仕えた武将。字は雲長。元の字は長生。司隷・河東郡解(現在の山西省運城市常平郷常平村)の人。封号は漢寿亭侯。諡は歴代王朝から多数贈られたため爵諡を参照のこと。見事な鬚髯(鬚=あごひげ、髯=ほほひげ)をたくわえていたため「美髯公」などとも呼ばれる。子は関平・関興。

その武勇、曹操が義理堅いと評した事から、後世の人間が神格化し関帝(関聖帝君・関帝聖君)とし、47人目の神とした。信義に厚い事などから、現在では商売の神として世界中の中華街で祭られている。そろばんを発明したという伝説まである。

『三国志演義』では、「雲長又は関雲長或いは関公、関某と呼ばれ、一貫して諱を名指しされていない」、「大活躍する場面が壮麗に描かれている」など、前述の関帝信仰に起因すると思われる特別扱いを受けている。


★張飛(ちょうひ、Zhāng Fēi, 生年不詳 - 221年)は、中国後漢末期から三国時代に、劉備と彼の建国した蜀漢に仕えた武将。『三国志(正史)』では姓は張、諱は飛、字は「益」(Yìdé)で張益徳。なお、『三国志演義』では「翼」(同、なおいずれも牙音入声)で張翼徳としている。封号は新亭侯。諡は桓侯。子に張苞・張紹、敬哀皇后・張皇后がいる。


★趙雲(ちょううん Zhào Yún ? - 229年)は、中国、後漢末から三国時代の武将。字は子龍。常山郡真定県(現在の河北省石家荘市正定県)の人。封号は永昌亭侯。諡は順平侯。子は趙統・趙広がいる。父と兄の名は不詳。

『演義』において、趙雲は正史に比べて記述が多く、五虎大将軍の一人として、非常に勇猛かつ義に篤い、武芸の達人として描かれている。また、眉目秀麗な美丈夫のイメージが強く、映画やドラマなどでは二枚目の俳優が演じていることが多い。
 長坂では単騎で大軍の中を駆け抜け劉禅と甘夫人を救出した(劉禅を抱えていた麋夫人は井戸に身投げして自殺)話は三国志演義でも有名な名場面である。
 演義で五虎大将軍と並び称された趙雲であるが、史実の上では五人中最も位が低い。劉備が皇帝として即位した際、関羽・黄忠・馬超・張飛はそれぞれ前後左右の将軍位を授かっているのに対し、当時趙雲の官爵は翊軍将軍のままであった。


★黄忠(こうちゅう、Huáng Zhōng 生年不詳 - 220年)は、字は漢升。中国後漢末期から、三国時代の蜀漢にかけての武将。諡は剛侯。子は黄敍。
 
『三国志演義』では、初登場時の劉備軍の韓玄攻略戦における関羽との一騎打ちが一つの見せ場になっている。60歳を過ぎてから劉備に仕える。

漢中攻略時には同じく老将である厳顔とコンビを組み、張郃・夏侯尚らを破り、韓玄の弟とされる韓浩を討ち取っている。その後は定軍山で夏侯淵を討ち取り、漢中平定後に五虎大将軍の一人となった。このとき関羽は以前に黄忠と一騎打ちを繰り広げているにも関わらず、黄忠を老将と侮り同列扱いされるのを嫌っている。

劉備が呉に進行した時の夷陵の戦いにおいて劉備が老兵を軽んじる発言をしたため、部下十数名で潘璋の陣に、斬り込み馬忠の矢にあたり、それが元で75歳で死亡している。ただし実際には黄忠は220年に亡くなっており、夷陵の戦いは222年に行われた戦いであるため、呉への侵攻へ参加した話は演義上の創作である。

史実においては、劉備に仕えていた頃の黄忠が老人であったかどうかも定かではない。わずかに費詩伝において、関羽が黄忠を「老兵」と呼んでいる記述が存在するだけである。しかしながら、これらの老いても勇猛果敢な黄忠の伝説から、老いてますます盛んな人の事を老黄忠と呼ぶようになった。また弓の名手としても描かれている。


★馬超(ばちょう、Mǎ Chāo 176年 - 222年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の武将。字は孟起(もうき)。諡は威侯。扶風郡茂陵県の人。

後漢の名将馬援の子孫。祖父は馬平(子碩)。父は馬騰。子は馬秋・馬承。娘は安平王劉理の妻となっている。弟に馬休、馬鉄、従兄弟に馬岱がいる。 また、『超・三国志』では、馬雲騄という妹も登場している。馬騰は羌族との混血であり、この血を引いている馬超も漢王朝の支配を受けない民族からの信望が厚かった。

『三国志演義』では、その雄姿から「錦馬超(きんばちょう)」として称えられ、五虎大将軍の一人に選ばれたとされている。

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月05日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ゲーム
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。