スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

地球防衛軍3 バトルマシンEDFベガルター

地球防衛軍3 バトルマシンEDFベガルター‐ニコニコ動画(夏)
自分は地球防衛軍2しかやってませんが、この動画を見ると地球防衛軍3がやりたくなります。
テンポよく各ミッションをダイジェストします。

BGM:蒼き流星SPTレイズナーのオープニング曲
「メロスのように -LONELY WAY-」(作詞:秋元康、作曲:中崎英也、歌:AIRMAIL from NAGASAKI)
【Wikiより】




レイズナー第1話OPと比較用に↓
【普通に】地球防衛軍3~蒼き流星EDFベガルター【比較動画】




★バトルマシン「ベガルタ」
”地球防衛軍3”に登場する兵器。
武装は火炎放射器、ロケットランチャー、マシンガン。
4種の乗り物の中では随一の攻撃力と耐久力を持つが、そのでかさと圧倒的な機動性の無さで、強いかどうかはプレイヤー次第。ただし対戦でレベルをMAXにすると、恐ろしいほど強い。
短時間ではあるが飛行も可能。

★SPT-LZ-00X レイズナー
  ”蒼き流星SPTレイズナー”に登場する兵器。
第二世代SPTの試作として開発され汎用性向上に重点を置いたSPT。試験的にV-MAXシステム(後述)が搭載されている。主人公エイジが搭乗する機体で、開発にはエイジの父、ケン・アスカが関わっている。レーザード・ライフル(型式番号:LDR-00R)とナックル・ショットの他、ふくらはぎの部分に「カーフ・ミサイル」と呼ばれる小型ミサイルを装備している。さまざまな専用バックパックが存在していたが、火星脱出の際に一つを残して放棄(600mmグレネードランチャー装備型、火炎放射機装備型、大気圏用飛行型)された。機体管制は「レイ」と呼ばれるコンピュータが行っているが、その裏にもう一機「フォロン」と呼ばれるコンピュータ人格が隠されている。フォロンは「グラドス創生の秘密」の伝承と、緊急時のレイズナー機体保持を目的として作られており、レイズナーに危機が迫った時はV-MAXを発動させ、周囲の敵を無差別に殲滅する。
物語終盤、ル・カインの駆るザカールのV-MAXレッドパワーにより大ダメージを被るが、スラスターを増設した地球製の機体にレイ(とフォロン)を移植することにより、レッドパワーの動きと渡り合える様に強化された(E-SPT-LZ-00X-B Strengthen V-max LAYZNER:V-MAX強化型レイズナー、作中では「ニューレイズナー」とも呼称)。
アニメ雑誌等では、飛行機形態に変形できる後継機「レイズナーMk.II」のデザインも公開されていた。急な打ち切りのため幻の機体となってしまったが、1996年に発売されたゲーム『新スーパーロボット大戦』にレイズナーが参戦した際に登場し、日の目を見ることとなった。その後レイズナーは何作かのスーパーロボット大戦シリーズに出演しているが、その場合はレイズナーの後継機として、強化型とMk.IIのどちらかを選択できるようになっていることが多い。ちなみにMk.IIのV- MAX機能は「V-MAXIMUM」と名を変えられている。ゲームでのV-MAXはSPT形態の武器なのだが、高橋監督の構想としては地球の技術でV- MAXの高速機動を再現するのは困難なために戦闘機形態に変形する、という理由づけがなされていた。
なお、コンピュータ「レイ」には「レイの使用はアルバトロ・ナル・エイジ・アスカに限定する」という命令が与えられており、エイジ以外の使用ができないようになっている。「レイ」という名前はパイロットのロックを簡易的に行う手段の一環としてエイジが名付けたものである(他のSPTの搭載コンピュータに「レイ」のような固体名称が存在しないのはそのためである)。全高9.52m。


【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月05日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ゲーム
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。