スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

すごい状況でPS3を買いに行く

すごい状況でPS3を買いに行く‐ニコニコ動画(SP1)
PS3発売時のニュースのパロです。
巨大隕石が落ちてくる中でも店の前の混雑でどなり散らす人々。
なんて説明していいやら(汗

PS3関係ないし...





< PS3の仕様>

SCEがマニュアルや公式サイト上で公開しているデータに基づく。クロック周波数・性能の数値は2006年のE3で発表されたもの。2006年のE3以降は公式には発表されていない。

概要
外形寸法 約325×98×274 mm(幅、高さ、奥行き)突起物含まず。
重量 約5 kg (40GBモデルは4.4Kg)
定格電源 最大約380 W (40GBモデルは280W)


CPU
Cell Broadband Engine 3.2GHz[16]
1 x PowerPC-base 64bit Core (PPE)
1 VMX vector unit per core (in PPE)
512 KB L2 cache
7 x SPE @3.2 GHz (User:6, System:1)

7 x 128bit 128 SIMD GPRs
7 x 256 KB SRAM for SPE

浮動小数点演算性能 : 218 GFLOPS


GPU
RSX (Reality Synthesizer) NVIDIAとの共同開発[17]。 GeForce 7800 GTX (G70) がベースだが、メモリバスなどの仕様が異なる。
描画コアと512メガビットGDDR3 SDRAM4枚の構造。
GPUクロック周波数: 550 MHz(現時点で公式資料からクロック数表記が消えている)
ユニット数:24PS 8VS 8ROP
浮動小数点演算性能 : 1.8 TFLOPS (現時点で公式資料から浮動小数点演算性能が消えている)
フルHD(最大1080p) x 2 チャンネル
汎用プログラマブル並列浮動小数点シェーダーパイプライン


メモリ
Main RAM: 256 MB XDR DRAM @3.2 GHz
VRAM: 256 MB GDDR3 (128 bit) @700 MHz(現時点で公式資料からクロック数表記が消えている)
システムバンド幅
Main RAM: 25.6 GB/s
VRAM: 22.4 GB/s
FlexIO

for RSX: 20 GB/s (write) + 15 GB/s (read)
for South Bridge: 2.5 GB/s (write) + 2.5 GB/s (read)


サウンド
デコード

Dolby TrueHD(7.1ch{8ch}、Blu-rayディスク再生時)
Dolby Digital(5.1ch、ゲームプレイ時、DVD、Blu-rayディスク再生時共に)
DTS(5.1ch、DVD再生時)
DTS-HDMaster Audio(7.1ch{8ch}、ファームウェア2.30で対応)
リニアPCM 最大7.1ch (8ch)
AAC
ATRAC3plus


エンコード

Dolby Digital(5.1ch、ゲームプレイ時)

(デコード、エンコードともにすべてソフトウェア処理)
ディスクメディア
CD CD-ROM(PS、PS2ソフトを含む)、CD-DA、CD-R、CD-RW、SACD Hybrid(CD層)、DualDisc(音楽専用面)
DVD DVD-ROM(PS2ソフトを含む)、DVD-Video(DualDiscのDVD面も含む)、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW (DVD-VR〈CPRMにも対応〉、DVD+VR、AVCHDフォーマットに対応)
SACD(40GBモデルを除く)
Blu-ray Disc BD-ROM、BD-R、BD-RE(プレイステーション3、BD-Video〈BDMV〉、BDAVの再生に対応)


コントローラ (SIXAXIS)
Bluetooth (最大7台)
USB (有線接続)
Wi-Fi (PSP®)
Network (over IP)


通信
Ethernet (10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T)×1
Wi-Fi(ワイヤレスLAN) IEEE 802.11 b/g(20 GBモデルは非搭載)
Bluetooth:Bluetooth 2.0 (EDR)


AV出力
解像度 480i、480p、720p、1080i、1080p。(他のシステム使用時はWXGA、SXGA、WUXGAもHDMIで対応する)
HDMI (Ver1.3a "Deep Color(12bit)"、"x.v.Color (xvYCC)" に対応) 出力×1
アナログ映像/音声 AVマルチ出力×1
光デジタル (OPTICAL) 出力×1


I/O
USB(2.0):前面×4(40GBモデルは 前面×2)
カードリーダー/ライター(60 GBモデル、80 GBモデルは標準装備、その他はUSB接続の市販品で増設可能)

Memory Stick(MS) 標準/Duo、PRO×1
SDメモリーカード 標準/mini×1(SDHC規格対応)
CompactFlash (Type I、II) ×1


HDDスロット
デタッチャブル 2.5" HDD slot×1
80GB、60 GB、40GB又は20 GBの取り外し可能2.5インチSATAハードディスク
※HDDはユーザによる市販品への交換が可能


メディア再生機能
動画
MPEG-1,MPEG-2 (PS,TS) ,H.264/MPEG-4 AVC,MPEG-4 SP,DivX,WMV
音楽
ATRAC(.oma .msa .aa3),AAC(.3gp .mp4),WMA(.wma),MP3(.mp3),WAV (.wav)
静止画
JPEG,GIF,PNG,TIFF,BMP

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月03日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | ゲーム
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。