スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

【TAS】ロックマンX2 31:42.45

Mega Man X2 in 31:42.45 2007-03-03‐ニコニコ動画(SP1)ロックマンX2 チートプレイで世界記録を抜いてみたin26:55 part1‐ニコニコ動画(夏)
ロックマンX2のTAS動画。
昇竜拳覚えてからはひたすら作業です。
芸術的なXの動きをご覧下さい。






おまけ:
ロックマンX2 チートプレイで世界記録を抜いてみたin26:55 part1



ロックマンX2 チートプレイで世界記録を抜いてみたin26:55 part2





< ロックマンX2 >

『ロックマンX2』(‐エックスツー)は、1994年12月16日にカプコンから発売されたスーパーファミコン専用のアクションゲームである。


< ストーリー >

『ロックマンX』の事件から半年後。一度は減少したかに見えたイレギュラーは増加の一途をたどり、各地でイレギュラーハンターの基地が破壊されるという事件が起こっていた。その事件を起こしているイレギュラーは人工的に作られたイレギュラーであり、その制御チップには滅んだはずのシグマのマークが刻まれていた。

第17部隊の隊長となっていたエックスはそのイレギュラーを製造しているという基地の破壊に赴き、それに成功するが、さらに各地で特Aクラスのレプリロイドが反乱を起こした。その背後には、「カウンターハンター」と呼ばれる3体の謎のレプリロイドの姿があった。

一方、大破したゼロは頭脳チップが奇跡的に無傷であったが、ボディの修復はケイン博士にも不可能であり、基地にそのまま保管されていた。だが突如、首謀者であるカウンターハンターから通信が入り、「自分たちと一騎打ちを行え。もし、勝利したらゼロのボディを渡そう」という宣戦布告が行われた。

ゼロのボディの行方と、カウンターハンターの正体を突き止めるため、エックスは新たなる戦いに挑む。


< ボス >

★水晶の魔術師 クリスター・マイマイン
(英名 Crystal Snail)
カタツムリ型レプリロイド。シグマ製作。エネルゲン水晶が発掘できる鉱山を占拠、蜂起した。小柄でおっとりした気弱な性格とは裏腹に恐るべき戦闘力を秘め、敵を水晶に封じ込めてしまう他、一定の間時間の流れを遅くすることもできる。また彼が背負っている殻はアーマー・アルマージの鎧並の防御力がある。殻に篭ってジェット噴射で飛行し、動きを封じた相手に体当たりする。弱点武器で、本体と殻を分離させる事が可能。

★深海の切り裂き魔 バブリー・クラブロス
(英名 Bubble Crab)
カニ型レプリロイド。イレギュラーハンター第6艦隊に所属していた元特A級ハンター。金に貪欲な守銭奴で己の私腹を肥やすためにシグマに魂を売り反乱に加わる。反乱後は輸送部隊の隊長となり、海底基地からイレギュラーを送り出していた。同じ隊に所属する、ホイール・アリゲイツとは犬猿の仲である。敵に泡を吹き付ける他、自らを包みバリアとすることも出来るが、こちらが上空を通る(縦軸が合うと)バリアを解除して攻撃態勢になる習性がある。終盤の再戦時には天井にトゲトラップが配置される。

★夢の島の堕天使 メタモル・モスミーノス
(英名 Morph Moth)
蛾(ガ)型レプリロイド。シグマ製作。機能を停止した他のレプリロイドを捕食吸収する事で成長する特異な性質を持ったイレギュラー。スクラップ工場を制圧し、廃品からイレギュラーを生産していた。戦闘時、最初はスクラップを纏った蓑虫のような姿だが、スクラップを一定以上吸収するかある程度ダメージを与えると脱皮して蛾の姿になる(そのため事実上蓑虫状態で倒す事は不可能。隠し要素の昇竜拳も例外でない)。蓑虫状態ではスクラップ片を撒き散らしたり、自分に取り込んで攻撃に使用、蛾状態では燐粉撒き散らしとレーザーで攻撃する。

★凶牙の重戦車 ホイール・アリゲイツ
(英名 Wheel Gator)
ワニ型レプリロイド。元第6艦隊副隊長。「凶牙の重戦車」と恐怖されるまでの凶暴性と膂力を持つが、仲間のハンターを傷付けてハンター仲間から追われるなど、管理職の身としては大きな問題がある。シグマの計画に参加したのも己の破壊願望を満たすのが目的であり、恐竜型巨大移動要塞を製作、意のままに操って、都市を蹂躙していた。戦闘ではオイルに満ちた部屋で潜水し、突如噛み付いてくる。安全な部屋上部にいると、それを防ぐが如く攻撃してくる。こちらの攻撃を食べて吐き返すこともある。

★砂原の韋駄天 ソニック・オストリーグ
(英名 Overdrive Ostrich)
ダチョウ型レプリロイド。元々は第7空挺部隊の特A級ハンターだったが事故で飛行能力を失い、脱退していた。後に高性能の脚力に目を付けたシグマによってその実力を再評価され、シグマの計画に参加する。自分の新たな能力を見出してくれたシグマに感謝しており、ミサイル発射基地を占拠、その照準をイレギュラーハンター基地に向けた。恐るべき脚力でエックスを吹き飛ばす他、肩部の刃物を投げつける。

★緑林の小悪魔 ワイヤー・ヘチマール
(英名 Wire Sponge)
シグマの命により気象コントロールセンターを占拠したヘチマ型レプリロイド。シグマが工場で造ったとも言われており、その意味では人間の目や思惑を離れた場所で誕生した、言わば生まれながらのイレギュラーと言える。 CPUに支障がある失敗作で、知性はほとんど無く性格は至って陽気で無邪気。そして、残酷。シグマに与えられた遊び場である気象コントロールセンターで天候を気ままに変えて遊んでいる。チェーンを振り回して投げつけてくる他、怒ると周囲に落雷を起こす。「ロックマンゼクス アドベント」の背景として登場する。因みに気象コントロールセンターは、一部の特殊武器で一定時間天候を変えられる。

★紅のアサッシン マグネ・ヒャクレッガー
(英名 Magna Centipede)
ムカデ型レプリロイド。全18あるイレギュラーハンター部隊でも影の存在である第0特殊部隊に所属するエキスパートだったが、任務中シグマに拉致され、洗脳されてしまう。超大型コンピューターを制圧し、シグマウイルスを送信していた。責任感が強く、命令であれば友でもためらい無く殺す冷徹な人物で、常に落ち着いている。尻尾からウィルスを送り込み、相手のプログラムを消す能力を持つ。姿を消して転移し、突如として攻撃してくる。尾は複数に分離してビットとなり、遠隔操作で攻撃する。

★ヒートナックルチャンピオン フレイム・スタッガー
(英名 Flame Stag)
鹿型レプリロイド。エックスが率いる第17精鋭部隊の元隊員。負けず嫌いな性格。隊内に於いてはスパーク・マンドリラーと並ぶ格闘能力を誇り「ヒートナックルチャンピオン」と称される。前回のシグマの反乱ではブーメル・クワンガーらと共にシグマの元に参じ、反乱終結後に行方不明となっていた。火山を噴火させて火山灰で地球に降り注ぐ太陽光線を遮断、地球を氷河期に陥れる計画を実行しようとした。戦闘では一定の状況下において体に纏う炎が青白くなり、より高い戦闘力を発揮する。再戦時では最初から青くなっている。


< カウンターハンター >

シグマの手下のアジール、サーゲス、バイオレンの3人によって構成されている部隊。『カウンターハンター』とは、『イレギュラーハンターを抹殺する者』という意味である。その名の通りイレギュラーハンターの破壊を目的に活動しており、半月の間に100体以上もの有能なイレギュラーハンターを秘密裏に葬り去ってきた。奪ったゼロのパーツを賭けてエックスに挑戦を申し込む。

★アジール
敵地への潜入工作を担当し、巧みな剣技を誇る達人。戦いにおいて彼に地を這わせた者は一人もいないと言われた程のイレギュラー。理知的で会話も丁寧。シグマを崇拝している。スピードに突出しており、高速で移動しながら斬りつけてくるほか、剣から衝撃波を放つこともできる。名称は「俊敏」を意味する「agile]から。
カウンターハンターステージでは、空中からの攻撃に特化したアジールフライヤーとして現れるが、その外見、性能の評価は様々である。

★サーゲス
科学者タイプのレプリロイド。そのため戦闘能力には乏しく、それを補うため様々なメカに乗ってエックスと戦う。冷徹かつ明晰な思考回路を持ち、その頭脳はあのシグマをも上回るとまで言われている。エックスがライト博士のロボットであることを知っていたり、「また」負けると言う表現をする事から、機械化したワイリー、又はプログラム化したワイリーの意思を受けて行動しているレプリロイドではないかと言う説がある。なお、大破したゼロのボディの修復を担当したのもサーゲスである。名称は「聡明・賢人」を意味する「sage」から。
カウンターハンターステージでは、巨大なサーゲスタンクに乗ってエックスに挑む。

★バイオレン
指先からのマシンガン、及び頭に繋がれた巨大な鉄球を振り回して戦う。桁外れのパワーを誇り、イレギュラーハンター基地を一人で壊滅させるといった恐るべき経歴をもつイレギュラー。開発時にパワーに重点を置きすぎたために思考回路は不完全であり、性格は暴力的で凶悪。名称は「強暴性」を意味する「violence」から。
カウンターハンターステージでは、外見こそ同じだが、ネオ・バイオレンとしてパワーアップしている。新たに、鉄球の軌道を複雑にさせるブロックを出現させるほか、弱点武器への耐性が上がっている。


< 特殊武器 >

★クリスタルハンター - クリスター・マイマイン
通常 - 敵を固めて足場にできる、水晶弾を発射する。射程は短く、浅い放物線上に飛ぶ。十字ボタンの上を押しながら発射すると、より高い角度で発射できる。固めた敵は足場に利用できる他、横からダッシュでぶつかる事によって破壊する事もできる。画面内に敵を3体まで固められる。なお、ボスに対しては殆ど効果が無い。武器エネルギーの出現率が高い。
チャージ - エックス自身を含め、周囲の時間の流れを遅くする。精密な動作を要求される場面で活用できる。なお、攻撃力は無い。

★バブルスプラッシュ - バブリー・クラブロス
通常 - 浅い斜め上に泡を発射する。武器ボタンを押した長さで、一度に出る泡の数が1~8発に変化する。射程はややランダム。水中で使うと、より上方向に高速で飛び、ダッシュ中に使うとより速く飛ぶ。
チャージ - 泡のバリアを張る。使用している間はエネルギーが減り続けるが、耐久力制限が無いため、接近した敵に連続でダメージを与えられる。やや上下に弱く、敵の弾は防げない。また、水中で使用していると、ジャンプ力が飛躍的に上がる。

★スクラップシュート - メタモル・モスミーノス
通常 - ヘチマールステージでは草、マイマインステージでは水晶、オストリーグステージの砂漠地帯、スタッガー、クラブロスステージでは石、その他のステージでは機械など、周りのスクラップを利用し吸収して弾を撃つ。機械の弾は浅い放物線上に飛び、敵や地形に当たると斜め4方向に小さく分裂する。草の弾は短い距離を逆放物線上に飛び、分裂しない。岩の弾は着地後に少し跳ねてから分裂する。水晶の弾は強く、着地後もバウンドしながら前進し、壁や敵に当たると分裂する。ステージよってはカウンターハンターの弱点となる。
チャージ - よりたくさんのスクラップを集め、弾が大きくなり、射程も伸び、貫通性も加わる。着地すると8方向に小さく分裂する。スクラップを集めた状態でダメージを受けると自動的に発射される。また、特定の場所で使用すると、ライフエネルギーなどのアイテムを引き寄せる。

★スピンホイール - ホイール・アリゲイツ
通常 - 地面に沿って転がり、特定の壁・床を破壊できる回転鋸型エネルギー弾を発射する。地面に沿って進む性質がある。敵に当たるとその場で留まって連続でダメージを与え、一定時間が経つと消える。地面で壁に当たるとしばらく留まってから小さく跳ねて消滅するが、転がってから段差を落ちた場合は斜めに落ち、壁に当たると跳ね返る。一部の地形を削って破壊することが出来る。
チャージ - ホイールが弾け飛び、8方向に弾が飛ぶ。貫通性があり、通常版でも破壊できる物を破壊する。

★ソニックスライサー - ソニック・オストリーグ
通常 - 壁に当たると斜め上に反射する超音波の刃を、一度に2発発射する。天井に当たると斜め下に跳ね返る。1発目は6回、2発目は12回跳ね返ると消滅する。2発まで連射できる。
チャージ - より強力な刃5発を上に打ち上げ、その後落ちる刃によって画面広範囲を攻撃する。頭上の敵に打ち上がる刃を全弾当てれば、かなりの攻撃力が発揮される。

★ストライクチェーン - ワイヤー・ヘチマール
通常 - 攻撃だけでなく、アイテム回収にも使えるワイヤーを放つ。壁にくっついてエックスを壁の方へ引き寄せる事も出来る。武器ボタンを押している長さで射程も変わる。鎖の部分には攻撃能力が無い。
チャージ - 通常よりさらに長く引き寄せる力が強くなった巨大なワイヤーを放つ。この攻撃で敵を撃破すると必ずアイテムを落とす。

★マグネットマイン - マグネ・ヒャクレッガー
通常 - 軌道を上下に遠隔操作でき、壁などに設置できるマグネット機雷を発射する。敵に命中するか、設置して一定時間経つと小さく爆発する。連射はできないが、地形に設置していても、次の弾を撃てる。連続で撃てば、最高4発設置できる。マグネットマイン同士をくっつけることが出来るので、地面などに固めてくっつけてトラップとしても使用できる。
チャージ - 敵の弾を吸収できる、弾速の遅い、軌道を上下に遠隔操作可能な磁力弾を発射する。敵や弾(小さいもの)を吸い込むことで、ギガクラッシュのエネルギーが回復する。画面外に出るか、武器を変更しない限り消えない。

★ラッシングバーナー - フレイム・スタッガー
通常 - 水平に飛ぶ炎を纏った弾を発射する。地上で使うと、弾が通過した後に細い攻撃力のある残り火が地面を這う。水中では火を纏わずに弾だけが飛び、威力が低下する。
チャージ - 炎を纏ってのダッシュ体当たり。空中でも使えるが、飛距離は地上で使うよりも半減する。エアダッシュと併用する事で、最大3回分のエアダッシュ移動が可能。なお、水中で発動すると攻撃力は無くなる。


★昇龍拳
ライフエネルギー満タン時のみ、→ ↓ ↘+ 攻撃ボタン(コマンドは右向き時)で発動。腕を炎に包んで飛び上がり、強力なアッパーカットを放つ。一撃の威力が高い上に、敵に重なると連続でダメージを与えられるので、ボスですらも一撃で倒す威力がある。攻撃後は落下するのみでスキができるが、着地するまで無敵という特性がある。パスワードで記録できない。

【Wikiより】
スポンサーサイト
2008年07月01日 | ゲーム@趣味 | コメント(0) | TAS動画
コメント

管理者だけに表示する

ランダム記事

カテゴリー

オススメ

プルダウンリスト

アクセスカウンター

ブログ内検索

ゲーム@趣味

ゲーム@趣味について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。